コミュニティ

電気自動車:可能性を実現する

主任アプリケーション・エンジニアのライアン・フェルナンデスとの会話

彼が覚えている限り、ライアン・フェルナンデスは科学、数学、そしてレースに興味を持っていました。「フォーミュラ1 TMは、一種の家族の伝統でした。機械工学を始めたのは、その分野のどこかにたどり着けるかもしれないと思ったからです」。

生まれ故郷の南アフリカでキャリアをスタートした後、2015年に家族と一緒に米国に移住し、アプリケーションエンジニアとしてティムケンに入社しました。過去4年間、彼は電気自動車(EV)に取り組み、業界の設計者と協力して、EVをより強力で効率的なものにするイノベーションを推進してきました。

それはF1ではありませんが、おわかりのように、高速への冒険心なしではあり得ません。


背景画像は米国エネルギー省提供

ライアン・フェルナンデス
主任アプリケーションエンジニア

所在地:米国オハイオ州の世界本部

出身地:南アフリカ

私は自然が大好きです。子供たちも自然を体験して楽しめるよう、環境を守るために課題に取り組むことが重要だと思います」。


あなたの毎日の責任はどのようなものですか?

フェルナンデス:ティムケンがEV向けに提供するソリューションは広範です。私の焦点は、特に電気トラックメーカー向けのホイールエンドベアリングにあります。電気自動車にはさまざまな構成があり、それぞれに固有の課題と利点があります。

範囲は今大きな問題となっています。人々はEVでどれくらい運転できるか不安を抱えているため、ティムケンでは、ベアリングの設計と重量を微調整することで、動力伝達効率を高め、抵抗を低減するよう努めています。動かす重量が少ないほど、1回のバッテリー充電で進める距離は長くなります。

ティムケンのベアリングがEV用途に理想的な理由は何ですか?

フェルナンデス:私たちは長年にわたり、出力密度に関連した設計に取り組んできました。ベアリングの内部形状を変更して、テーパローラベアリング(TRB)を作り出しました。これは、特定のサイズ要件を満たしながら、追加されたシステム出力や負荷の要件を満たせるようにするもので、この場合で言うと、バッテリーの重量です。そうすれば、メーカーはEVに切り替えるためにサプライチェーン全体を再構築する必要がありません。

さらに、歴史的に用いられてきた設計に挑戦する新しいアプローチを見てきました。これらの概念には、非常に剛性の高いベアリングが必要です。テーパローラベアリング(TRB)はボールベアリングよりもはるかに剛性が高いため、この要件は私たちのTRBの得意な分野となります。

電気製にすることでの消費者の利点は何ですか?

フェルナンデス:まず、グリーンエネルギーの使用に固有のすべての利点がありますが、それに加えて、機械部品の数が最小限に抑えられるため、メンテナンスが簡素化され、重量が減り、利用範囲が広がり、設計者はキャビンと保管用のスペースを最大化できます。これは、作業用トラックまたはオフロード車で役立ちます。


「最終的に私にやる気を与えてくれるのは、枠にとらわれずに考え、困難な課題に立ち向かい、それを乗り越えることです。この場合、それは私たちが地球とより調和して生きられる環境を取り戻すことです」。

ライアン・フェルナンデス
主任アプリケーションエンジニア


毎日どのような課題に直面していますか?

フェルナンデス最大の課題は時間です。誰もがEVのスペースに興奮しており、その情熱が競争を激化させています。通常、実装には3〜5年かかるプログラムでしたが、現在は1年か1年半で完了しています。

これらの短縮された時間で高品質の製品を製造するには、設計と製品の検証から製造と品質管理まで、機能グループが革新的になり、皆が協力することが必要です。ティムケンの企業文化、リーダーシップ、プロセスによって、共通の目標を達成するために全員が協力するのを見るのは素晴らしいことです。

その仕事を毎日やり続けたいと思わせているものは何ですか?

フェルナンデスティムケンとお客様は、廃棄物をより少なくするために、より少ない労力でより多くのことを行うという課題に取り組んでいます。私たちがEVで行っていることは単純な例です。私たちの仕事が永続的な影響を与えていることを簡単に確認できます。

また、チームとして協力して新しいものを作成し、新しい要件を満たすという挑戦を受けて立つことも楽しんでいます。私たちが直面している現在の不安定な環境状況から抜け出す唯一の方法は、より持続可能な世界をサポートする新しい要件を備えた高度な設計を支援することです。

最終的に私にやる気を与えてくれるのは、枠にとらわれずに考え、困難な課題に立ち向かい、それを乗り越えることです。この場合、それは私たちが地球とより調和して生きられる環境を取り戻すことです。


製品からプロセスまで、ティムケンが自社事業の環境フットプリントをどのように削減しているかをご覧ください。続きを読む