インターン(コープ):将来の労働力の形成

コミュニティ

インターン(コープ):将来の労働力の形成

毎年、幸運な少数の学生がエンジニアリングのインターンとしてティムケンでキャリアを積み始めます。
このプログラムは、大学の工学部の学生に学士号を取得しながら最大5学期の間働く機会を提供します。

「インターン(コープ)は、私たちの最高のトレーニングおよび開発プログラムの1つです」と、ティムケンの人材担当副社長であるナターシャ・ポーロックは述べています。「インターン(コープ)として入社し、今日、企業のリーダーになった人たちがいます」。

プログラムの参加者は、経験豊富なエンジニアの横で実際の問題を解決するため、パンデミックによる対面勤務の中断は、彼らとその指導者にとって特に困難でした。当社の中核となる価値観はチームワークです。そのため、気さくに会話をしたり、指導者の肩越しに物事を観察することで、人とつながり、協力して、学べることには大きな価値があります。

インターンの学生は、顧客の最も困難なアプリケーションの問題を解決し、より効率的で安全で信頼性の高い世界を構築するために、日々、貴重な貢献をしています。彼らがティムケンに留まるかどうかにかかわらず、彼らの経験は明日の産業の健全性の確固たる基盤を形成しています。


「インターンの参加者を選ぶとき、マネージャはティムケンの文化と価値観を指針とします。私たちは勤勉な人を探します。建設的で、問題を解決する人で、自分で物事を開始して動き、点と点を結んで全体像を見て体系的に考える人です」。

ナターシャ・ポーロック、人事担当副社長


地元のエンジニアの人材を育成する

米国の学生は、最初のインターン学期をティムケン世界本部(WHQ)で過ごし、そこでさまざまなベアリングのエンジニアリンググループに接します。次に、販売エンジニアリング、エンジニアリング、または製造エンジニアリングなど、キャリアとして定められた方向を選び、追加の学期に応募することができます。

ベアリングプログラムに加えて、ティムケンは、学生が3つの機械式動力伝達(MPT)施設を巡回するMPTインターンプログラムを提供しています。

「私はティムケンが設計し、製造する製品の多様性が好きでした。MPTインターンプログラムの最初の学生の一人であった私は、3つの異なる製品ラインと製造方法を学び、今ではそれらすべてについてしっかりした知識を持っています」と、ウィスコンシン大学プラットビル校を最近卒業したチェース・グランブシュは述べます。

また、国際的なティムケンの施設でも、地元の大学と協力してプログラムを提供しています。「私たちは地元で才能を伸ばすのが好きです」とポーロックは言います。「これらのプログラムはすべて、地元地域と彼らが恩恵を受ける施設とを連携するようにつくられています」。

たとえば、ルーマニアのティムケンの施設は、プロイエシュチの石油ガス大学と10年以上の提携関係があり、学生はカリキュラム全体にわたって、実際の経験と研究のバランスをとることができます。「これは双方が恩恵を受けます」と、プロイエシュチの製品設計および開発担当ゼネラルマネージャであるリビウ・アントンは述べます。「学生は学習し、才能を伸ばし、私たちは将来のティムケンの仲間になるであろう最高の人材を選ぶのです」。

インターンの参加者を選ぶとき、マネージャはティムケンの文化と価値観を指針とします。「私たちは勤勉な人を探しています」とポーロックは言います。「建設的で、問題を解決する人で、自分で物事を開始して動き、点と点を結んで全体像を見て体系的に考える人です」。

本当の貢献—そして本当の選択

ポーロックと彼女のチームは、インターンに必要な助けが与えられ、彼らが強力なチームの一員であると感じられるように最善を尽くします。「私たちは、マネージャたちが優れた指導者となり、学生たちに一生涯の影響を与えることができるよう、彼らにトレーニングとツールを提供します」と彼女は言います。

ティムケンプログラムは、明確に定義された方向性と、学生たちがさまざまな分野を探究できることが特徴です。「あなたが19、20、21歳のときは、まだ自分の将来の方向性を決め、どのキャリアに自分が適しているかを考えている最中でしょう」。とポーロックは言います。「ローテーションは、インターンたちがそれに気づくのに役立ちます」。

インターンたちが、最初は1つのものにフォーカスしていても、別のものに引かれていくことは珍しいことではありません。例えば、販売に対して、初めは偏見を持っているかもしれません。でも、販売エンジニアが受ける詳細な技術トレーニングについて学び、顧客のために行う重要な作業を確認すると、彼らの視点が変わります。

一方で、何をしたいのかを最初から知っている人もいます。だからこのプログラムでは、すぐにそれに飛びこむことができます。子供の頃にロボット工学チームに参加したときから、ダニエル・インストは機械工学をやりたいと思っていました。そして MPTインターンプログラムではそれが実証されます。

ローテーション中に生徒に割り当てられる作業が何であれ、生徒は実際の責任に感銘を受けることがよくあります。インターンのローテーションの終わりの頃には、ここに紹介されるピーター・マクロンは、すでにR&Dに深く関わっており、航空宇宙産業の極秘ベアリングプロジェクトを助けていました。

ロビン・バツリ 第1期インターン生

所在地:本社

母校:ノースカロライナ州立大学

卒業日:2023年秋

仕事帰りに寄るお気に入りの店:忍者ハブ

お気に入りのソーシャルメディア:Reddit

好きな有名人:クリス・ロック

彼が最も尊敬している人:Ms.クーニー、高校の統計学の先生

彼が運転している車:Perriiという名のプリウス

エンジニアで見てみたい打ち破り:ホバーボード

「販売エンジニアは物事を学ぶのが好きで、社会的でもあります。バランスが取れていて、コミュニティの一員であると感じます」。

ジョシュ・ベック 販売エンジニア

所在地:ノースカロライナ州シャーロット

母校:アクロン大学

卒業日:2020年夏

選択したインターンの方向性:販売エンジニアリング

友達とつながるお気に入りの方法:スポーツとハイキング

彼が最も尊敬している人:両親

彼が運転している車:2021年式ダッジ チャージャー(社用車)

ニックネーム:キャプテンコープ

エンジニアで見てみたい打ち破り:自動運転車

「インターンシップでとてもよかったのは、工学の概念を適用する方法だけでなく、自分が人と繋がることをどれほど楽しんでいるかを学び、ビジネスとサプライチェーンへの情熱を見つけたことでした。以前は知らなかったことです」。

アイザック・エドモンドソン 第3期インターン生

所在地:ノースカロライナ州シャーロット

母校:アクロン大学

卒業日:2023年5月

選択したインターンの方向性:販売エンジニアリング

お気に入りの趣味:スパイクボール

お気に入りのソーシャルメディア:Snapchat

彼が最も尊敬している人:父親

彼が運転している車:2007年式トヨタ カローラ

エンジニアで見てみたい打ち破り:火星の宇宙ステーション

「私は、自分の学期にアプリケーションエンジニアリングに応募するのには不適格だと思ったのを覚えています。それらの気持ちを乗り越えるための最善の方法は、一生懸命働き、毎日学び続けることだと知りました」。

チェース・グランブシュ ティムケンが駆動する製造エンジニア

所在地:イリノイ州フルトン

母校:ウィスコンシン大学プラットビル校

卒業日:2021年5月

選択したインターンの方向性:機械動力伝達工学

友達とつながるお気に入りの方法:対面

彼が最も尊敬している人:父親

彼が運転している車:1966年式マーキュリー コメット

「MPTインターンプログラムの最初の学生の一人になることが夢でした。3つの異なる製品を製造する3つの異なる工場に行くことができるからです」。

トレイシー・ハリス 販売エンジニア

所在地:ノースカロライナ州ローリー

母校:アクロン大学

卒業日:2020年5月

選択したインターンの方向性:販売エンジニアリング

友達とつながるお気に入りの方法:映画やゲームナイト

お気に入りのソーシャルメディア:Tik Tok

彼女が最も尊敬している人:ミシェル・オバマ

彼女が運転している車:2021年式ダッジ チャージャー(社用車)

ニックネーム:ママ

エンジニアで見てみたい打ち破り:テレポーテーション

「委任することと、助けを求めることは重要です。誰もが何らかの分野に強いので、一人一人のスキルを活用するために一緒に集まることが常に最良の結果をもたらします」。

バレンティン・イオン 新製品リクエストエンジニア

所在地位置:プロイエシュチ、ルーマニア

母校:プロイエシュチ石油ガス大学

卒業日:2016年夏

お気に入りの仕事の後の活動:サッカー

お気に入りのソーシャルメディア:インスタグラム

好きな有名人:ジネディーヌ・ジダン

友達とつながるお気に入りの方法:ボードゲームナイトを開催すること

彼が最も尊敬している人:祖母—彼が「紛れもない自然力」と呼んでいる人

ニックネーム:ヴァリ

エンジニアで見てみたい打ち破り:無人自動車

「一生懸命働き、謙虚であれば、最終的に成功するでしょう」。

エリザベス・キューベル 第1期インターン生

所在地:本社

母校:オハイオ州立大学

卒業日:2024年秋

お気に入りのソーシャルメディア:InstagramかTwitter

好きな有名人:ビヨンセ

彼女が最も尊敬している人:彼女の兄

彼女が運転している車:スバル レガシィ

エンジニアで見てみたい打ち破り:より持続可能な建物

「環境を助けるために私たちにできることはたくさんあります。時間を取って、エンジニアリングを活用することが必要です」。

コーリー・ラングホフ アプリケーションエンジニア

所在地:本社

母校:アクロン大学

卒業日:2020年5月

選択したインターンの方向性:エンジニアリング

2番目の仕事:米陸軍予備軍

友達とつながるお気に入りの方法:対面

好きな有名人:キアヌ・リーブズ

エンジニアで見てみたい打ち破り:エネルギー危機の解決

「ティムケンは、私たちがチームの一員と感じることができるように、多くのことをしてくれます。彼らはあなたに意味のある仕事を与えてくれます。任期を終えるための忙しいだけの仕事ではありません」。

ピーター・マクロン 第1インターン生

所在地:本社->
母校:ジョージア工科大学 <!– wpml:html_fragment

->
卒業日:2023年5月 <!– wpml:html_fragment

選択したインターンの方向性:エンジニアリング <!– wpml:html_fragment

->
友達とつながるお気に入りの方法:ハイキング <!– wpml:html_fragment

->
彼が運転している車:スバル クロストレック <!– wpml:html_fragment

->
エンジニアで見てみたい打ち破り:代替エネルギー<!– wpml:html_fragment

->

「私は対象分野の専門家になりたいです。この分野に深く関わるためです」。

エレナ-マヌエラ・マリネスク 上級製品設計エンジニア

所在:プロイエシュチ、ルーマニア

母校:石油ガス大学プロイエシュチ校

卒業日:2014年夏

お気に入りのソーシャルメディア:インスタグラム

好きな有名人:キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

友達とつながるお気に入りの方法:彼女の家で夕食と映画を楽しむ

彼女が最も尊敬している人:彼女の父

エンジニアで見てみたい打ち破り:空飛ぶ車

「父が私をエンジニアリングに導いてくれました。私が行うすべてのことにおいて、個人的にもプロとしても最高になれるよう励ましてくれます」。

ダニエル・インスト 4期インターン生

所在地:ティムケンベルト、ミズーリ州スプリングフィールド

母校:イリノイ大学アーバナシャンペーン校 <!– wpml:html_fragment

->

卒業日:2022年12月 <!– wpml:html_fragment

->

エンジニアで見てみたい打ち破り:3Dプリントされた人間の臓器の代替品<!– wpml:html_fragment

->

「このプログラムは、私の将来がどのようになるかを見極めながら、さまざまなプロジェクトに取り組むことができる優れた方法です」。

人類の未来のために労働力を形成する

ポーロックはジェネレーションZ世代の学生と一緒に仕事をすることを本当に楽しんでいます。「彼らは、驚くような世代です」と彼女は言います。「彼らは常にあなたに最新の情報を持ってきてくれます」。

ティムケンのヤング・プロフェッショナルズ・ネットワーク(YPN)は、インターンの学生を支援し、ポリシーの設定、多様性、包括性、所属プログラムの推進に関して影響力を持っています。

「この世代は、自分らしい人生を生きることや、他の人と繋がることを恥ずかしがることはありません」。とポーロックは言います。「常に彼らの質問とアプローチを前向きに見るのです。彼らの多様な視点は組織を豊かにし、あなたをより成功に導きます」。

大きな視点から見ると、インターンプログラムは世界の将来の労働力に影響を与えることになると彼女は言います。「彼らは、私が引退したときに会社を経営したり、革新的なソリューションを構築したりすることになる人々です。私たちは、私たちが企業として、そして人類として進歩し続けることを確実にするために、彼らを頼りにしています」。

「このようなプログラムをつくる企業が増えるほど、業界のすべての人が恩恵を受けます」とポーロックは言います。「このようにして、学校から生まれる才能の質を高めるのです」。


ティムケンが若い専門職たちにとって素晴らしい場所であるという証拠がもっと必要ですか?フォーブス誌は、ティムケンの新入社員と他の従業員に対して行ったインタビューに基づいて、「2021年アメリカの新卒者のための最高の雇用者リスト」に、ティムケンの名前を挙げました。