Rollon による 7軸のソリューション:洗練されたロボットが「歩く」ことを可能にする

製品

Rollon による 7軸のソリューション:洗練されたロボットが「歩く」ことを可能にする

7軸の可能性を解き放つ

あらゆる業界において、ロボットはより高速、高精度、高効率でタスクを完了し、人が少ない労力でより多くのことを達成することを可能にしています。製造業者は、より大きな生産量と投下資本利益率をもたらす自動化生産ラインを造るように、機械設計者に働きかけています。それに応じて、多くの設計者は、従来の6つの軸(前方、後方、上、下、左右)を超えて、以前は静止していた機器に脚を与える「7軸」の設計を行なっています。

Rollonは直線運動のリーダーであり、ティムケンの送電およびモーション制御ソリューションの幅広いポートフォリオの一部です。イタリアを拠点とするRollonは、ヨーロッパ全土で直線運動のソリューションを提供しており、世界の工場自動化の市場では、設計において大きな影響を与えつつあります。

Rollonは、7軸システムソリューションの設計と製造に関する専門知識により、機械メーカーがさまざまな用途のために、ロボットの腕の可操作性をさらに高めるのを支援します。システムの動作を監視する



「現在の6軸システムは、単一のワークステーションに固定されているロボットを利用しています」と、Rollonのアジア太平洋地域のアクチュエータおよびシステムのセールスマネージャーである林ユウジ氏は述べます。「7軸システムの使命は、これらのロボットが『歩く』ように設計し、生産性を高めることです。機械設計者に、簡単にカスタマイズして独自のシステム設計に統合できる知識と製品を提供します。これらの自動化された生産ラインを稼働するメーカーにとって、当社のテクノロジーは、生産性、精度、および職場の安全性をさらに向上させると同時に、製品をより早く市場に出すのに役立ちます。」

稼働中の7軸シャトルシステム

1台のロボットで、長距離を移動し、複数のワークステーション間を移動することで、複数の作業を行うことができます。 第7軸で動作する統合アクチュエータシステムライン。基礎には、システムを所定の位置に取り付けるためのレール、調整可能な鋼製クロスピース、および脚のセットが含まれています。アダプターのプレートで、ロボットの腕をクロスピースにしっかりと取り付けることができます。高度に設計された棚とレールの潤滑システムは、無限に行われるロボットの反芻的な動きをサポートします。

各システムは、カスタムで選択されたギアボックスを搭載しています。  操作の「頭脳」は、近接スイッチや衝突防止システムのオプションなどの機能として提供されます。この設計の多様性により、要件に応じて床、天井、または壁に取り付けることもできます。

「私たちは、直線運動製品の設計と製造における40年以上の経験を生かして、7つの異なるサイズの7軸システムを作成し、それによって最大2000 kg(4,409ポンド)のあらゆるタイプのロボットを動かすことができます」とユウジ氏は言います。 「当社の製品と専門知識により、機械メーカーは彼らが最も得意とすることに集中し、彼らの作業の直線運動の面では私たちを信頼することができます。」

このアプローチは、すべてのティムケン製品のエンジニアたちが、将来に向けていかに革新をもたらしているかを反映しています。「ティムケンとRollonには非常に強力な技術スタッフがおり、設計、プレミアム製品の製造、卓越したサービスを通じて問題を解決しています」とユウジ氏は言います。「送電とモーション制御に関する私たちの集積された知識によって、非常に速いペースで継続するソリューションを開発しています。」

世界市場/顧客向けの7軸システムをカスタマイズする

Rollon の7軸システムは、1台のロボットができる作業の数を増やしたいと考えているあらゆる精密製造工場に適しています。また、工作機械の自動化、電化製品や電子機器の製造、自動車製造などの業界の既存の6軸ロボットシステムに統合することもできます。

「私たちは、イタリアの家電製品メーカーが食器洗い機など、需要の高い消費者向け製品のサイクルタイムを短縮するのを支援しました」とユウジ氏は述べます。自動車生産で3位にランクされ、世界の自動車の10%を供給している日本にて[1]、機械メーカーは、自動車関連の顧客に対しても同じ結果をもたらすことに関心を持っています。

最近の2件のRollonの7軸システムの設置は、トランスミッションやその他の駆動系部品を製造する日本を拠点とする自動車サプライヤーで行われました。ある施設では、7軸が長い機械加工ラインに統合されており、ロボットの荷積みおよび荷下ろし用スタンドが、重い加工中の製品をある機械から別の作業機械に動かします。別の施設では、7軸の技術を起用するロボットが、大きな金属シートを熱処理のために出し入れすることで、活躍しています。これは、人間にとって非常に危険な作業です。

「世界の地域、業界、顧客ごとに異なる哲学と技術がありますが、自動化の革新の次の波に誰もが興味を持っていることがわかります」とユウジ氏は言います。「7軸システムは間違いなく未来の一部であり、Rollonは、何であっても、どこであっても、顧客の課題を解決するために当社の技術を適用する準備ができています。」

自動化革新の次の波はもう ここまで