風力エネルギーブームの最前線で

コミュニティ

風力エネルギーブームの最前線で

中国の湘潭にあるティムケンの施設のゼネラルマネージャであるウェイ・ワンにとって、今年は大切な年です。2020年12月、ティムケンは風力および太陽光エネルギー市場へ7500万ドルの投資をすることを発表しました。その投資の多くは、ティムケンの湘潭工場に向けられています。今後12か月間、ワンはプラントの拡張を監督します。

「湘潭工場は幅広い種類の風力ポートフォリオを提供します」とワンは言います。「中国のエネルギー市場では、特にメインシャフトに当社の超大口径のベアリングを必要とする大型風力タービンに対する需要が大幅に増加しています。湘潭の容量を拡張することは、中国の風力エネルギーの顧客にサービスを提供し続けるために重要です」。

中国の再生可能エネルギー市場の成長速度は今でも諸外国を大幅に上回っているため、中国に投資することは理にかなっています。中国政府は、2030年までに国のエネルギー需要の20%を再生可能エネルギーでまかなうという目標を設定しています。

「2020年の見通しが立たず、多くの市場が混乱しましたが、再生可能エネルギーについては大躍進の年であり、中国市場は全体的に安定していました」と、ヨーロッパ、アジア、アフリカ担当の副社長であるアンドレアス・ロエルゲンは述べます。「私たちは、中国の従業員に対し、彼らが仕事に積極的に取り組み、それを継続してくれていることに感謝しています」。

再生可能エネルギーへの投資は、リーダーシップチームの戦略だけでなく、ティムケンの豊富なエンジニアリングの専門知識を使用して、より効率的な世界をつくる、企業としてのイニシアチブも意味しています。湘潭工場は、ワンの指導力と持続可能性推進の努力、チームの知識とスキルを向上させる点で、際立っています。

2020年12月、ティムケン社は風力および太陽光エネルギー市場へ7500万ドルの投資を行うことを発表しました。その投資の多くは、ティムケンの湘潭工場に向けられています。「中国のエネルギー市場では、特にメインシャフトに当社の超大口径のベアリングを必要とする大型風力タービンに対する需要が大幅に増加していることがわかります。湘潭の製造能力を拡張することは、中国の風力エネルギーの顧客にサービスを提供し続けるために重要です」。中国、湘潭にあるティムケンの施設のゼネラルマネージャであるウェイ・ワンは説明します。

学習と能力開発への取り組み

ワンのキャリアは、過去13年間、湘潭工場とともに成長しました。この工場は、中国の再生可能エネルギーブームの中心であり、業界を同社の単一の最大の市場セグメントに変えてきました。

彼女は2008年の起工の後、湘潭工場の財務マネージャとしてティムケンに加わりました。「当初、私はベアリング製造の専門知識があまりありませんでした」と彼女は言います。「自分の役割に秀でるためには、製造プロセス、品質要件、その他すべてについての理解を深める必要がありました」。

集中的な学習とキャリア開発はワンの重要なテーマであり、彼女は製造技術を磨いた後も休むことはありませんでした。2011年に、彼女は人事の責任も任されたため、探索すべくまったく新しい分野が開かれたのです。

「財務はデータに関するものです。人材は、正に芸術です」と彼女は言います。「だから、私はひたすら学び続けました。ティムケンのリーダーたちは私の可能性を認め、私のスキルを伸ばすために協力してくれました」。

ティムケンは、地元の市場の需要を満たすために地元に工場を建設し、それらの施設を運営するために地元の最も優秀な人材を採用、訓練、昇進させるという戦略を持っているため、ワンが経験したようなキャリアアップは珍しいことではありません。

湘潭工場が製造能力を拡大していたその初期の時期に、彼女も自身の道を切り開いたのです。彼女は非常に成功したため、1年間、オーストラリアのバララットにあるティムケンの施設でスキルを共有することを依頼されました。そして、中国に帰国後、2015年に湘潭施設のゼネラルマネージャに就任しました。

「財務はデータに関するものです。人材は、正に芸術です。だから、私はひたすら学び続けました。ティムケンのリーダーたちは私の可能性を認め、私のスキルを伸ばすために協力してくれました」。ウェイ・ワン
ゼネラルマネージャ

LEED認定の基盤の上に構築

湘潭工場のゼネラルマネージャである、ワンはより広いコミュニティと世界のメンバーとしてティムケンを代表しています。「倫理的な企業および良き企業人としての私たちの世界的な評判は、私たちを世界中の多くのメーカーと区別しています」と彼女は言います。

誠実さと一貫性をもってその役割を果たすために、可能な限り持続可能な慣行を優先しています。それにはプラントが次の拡張段階に移るときにもLEED認定ステータスを継続することが含まれます。

ティムケンは、プラントの設計と建設を通じてLEED基準に従い、建設資材の20%以上をリサイクルし、環境に優しい接着剤、シーラント、塗料、カーペットを使用しました。

屋根窓と高透過率のガラスは、工場の稼働スペースの75%以上に日光を導いています。高効率の空調システム、CO2センサー、外気導入装置がエネルギーを節約し、環境品質を向上させます。さらに、このプラントは衛生やその他の用途に水をリサイクルして、水の使用量を40%削減しています。

「再生可能エネルギー部門の主要なプレーヤーとして、私たちは常にエネルギー戦略を改善しています」とワンは言います。工場の製造工程も省エネに貢献しています。

人口密度が1平方キロメートルあたり153人で、総人口が14億4千万のこの国では、持続可能性に重点を置くことが非常に重要です。ワンは、この地域の廃棄物の削減と環境の質の向上における湘潭工場の役割を誇りに思っています。

「世界が再生可能エネルギー源に移行し続けるのに伴い、湘潭施設への継続的な投資が見込まれます」と彼女は言います。「そこに私たちの成長があるのです」。


製品からプロセスに至るまで、ティムケンは当社と顧客の操業から来る環境負荷を軽減します。使い捨てプラスチックを削減するための彼らの世界的なイニシアチブについてご覧ください