ティムケン・パワーシステムズ:水力発電を強化するエンドツーエンドのサービスプロバイダー

製品

ティムケン・パワーシステムズ:水力発電を強化するエンドツーエンドのサービスプロバイダー

太陽光と風力は成長していますが、旧来の再生可能エネルギー源である水力発電は、依然として世界の再生可能エネルギーの60パーセントを占めています。米国だけでも、過去10年間に80億ドルが投資され、当初の寿命が過ぎた水力発電施設の改修とアップグレードが行われました。

これらの施設の信頼性は、地域の活動を維持するために重要です。実際のところ、水力発電は米国のすべてのブラックスタート(自力起動可能)発電所の40%を占めています。水力発電所は、始動時に最小限の初期電力しか必要としないため、停電後に発電所を稼働させグリッドに繋げるための理想的な電源になります。

地域の水力への長期的投資のリターンを最大化する技術

「水力発電と言えば、人々はナイアガラの滝やフーバーダムのような大規模な事業のことを想像します」と、ティムケン・パワーシステムズ(TPS)の商業サービスマネージャで水力産業の30年のベテランであるリチャード・ペルツァーは言います。「ほとんどの水力発電所は、取水口から排水口までの水の落下が少ない小さな川の近くにあり、そこには利用できる貯水池はほとんどまたはまったくありません。これら低出力の水力発電所の多くは、上流にあるダムでの放水に依存しています。水量は季節により変化しますが、継続的な維持のために利用できる資金はわずかです。これらの地域こそ、私たちが最も大きな影響を及ぼすことができます」。

米国の多くの地域は、インフラストラクチャへの奨励金が水力発電ブームを引き起こした1980年代に最初に建設された水力発電所を運営しています。現在ティムケン・パワーシステムズの一部となっているPhiladelphia Gear社は、当時、OEMまたはアフターマーケットのアップグレードとして、最先端で信頼性の高い駆動装置を提供していました。

ペルツァーは、アーカンソー川とアレゲニー川での多くの影響を与えたプロジェクトを覚えています。彼の考えでは、最も注目に値するのは、アーカンソー川のマレー水力発電所に大規模な遊星ギア式の速度向上装置を供給したことです。

「発電所の2つの増速機のそれぞれの重量は275,000ポンドです。機関車と同じくらいの大きさです」と彼は言います。「これらは北米で最大の遊星ギア式水力増速器の中に数えられます。高トルクの負荷を高効率で伝達し、長寿命を保てるよう、保守的に設計されています。これらのギアボックスが30年経っても問題なく動作していることは、設計エンジニアリングチームと製造チームの功績です」。

長期使用に耐える技術であるにもかかわらず、中断無くサービスを提供するために、機器を改修することが重要であり、多くの水力発電の顧客が現在そうしているとペルツァーは述べます。「顧客が私たちのところに来るのは、電気機械システムの専門知識が集積されており、必要なものすべてが一か所で揃うからです」と彼は言います。

エンドツーエンドのドライブトレインサービスの新しいカテゴリを作り出す

TPSの完全な電気機械の知識と能力は、一つの産業へのサービスの範囲を超えています。そのようなわけで、私たちは、ドライブトレイン全体にエンドツーエンドで対応する、まったく新しいサービスのカテゴリを作り出しています。

「私たちは独自のサービスを提供しています」とペルツァーは言います。「顧客が、一つの窓口に連絡すればよく、そこから私たちが提供するすべてのものにアクセスできるなら、複雑なドライブトレインの修理プロジェクトも、時間通りに予算内で簡単に達成できます。これは、再生可能エネルギーから水処理、食品加工、その他すべての重要な産業に至るまで、あらゆる産業に当てはまります」。

家庭や会社のために、いつでも準備できるようにしておく

ペンシルベニア州のアレゲニー川では、TPSは現在、Eagle Creek Renewable Energy社と協力して、26基の水力タービンをアップグレードして信頼性を高める長期プロジェクトに取り組んでいます。いくつかのカスタマイズされたギアボックスユニットはすでに交換されていますが、アップグレードはすべてのタービンが改修されるまで継続します。

TPSは最近の買収を通じて、Eagle Creekのような顧客に付加価値を与える新しい電気モーターに対応できるようになったと、ペルツェアーは述べています。「私たちのチームの電気の専門家は、電気制御をアップグレードして、モーター、発電機、ギアボックスをスムーズに動作させることができます」と彼は言います。

ある例では、TPSはその集められた能力を活用して、カリフォルニアを拠点とする再生可能エネルギープロバイダーであるImperial Irrigation Districtが、目標を達成するのを支援しました。それは、顧客が電力供給について「常に準備ができ、予測できる」ようにするというものです。

「これこそまさに私たちが真価を発揮できるところです」と、地区担当スペシャリストのリチャード・ブロシアは言います。「用途の重要性が高いほど、付加価値は高くなります。ギアボックスのオーバーホール、電気モーターの修理、ベアリングの専門知識を組み合わせた能力は、Imperialが、カリフォルニア州の農村部の15万人の顧客に中断無くエネルギーを提供するのを可能にしています」。

リチャード・ブロシア
地域担当スペシャリスト

_____________

「これこそまさに私たちが真価を発揮できるところです」と、地域担当スペシャリストのリチャード・ブロシアは言います。「用途の重要性が高いほど、付加価値は高くなります。ギアボックスのオーバーホール、電気モーターの修理、ベアリングの専門知識を組み合わせた能力は、Imperialが、カリフォルニア州の農村部の15万人の顧客に中断無くエネルギーを提供するのを可能にしています」。

ティムケンとその傘下のブランドは、水力発電だけでなく、製品開発とサービスエンジニアリングの専門知識を活用して、風力と太陽光の再生可能エネルギーも進歩させています。ティムケンベアリングは風力エネルギーの実現性を高めると、Cone Driveのワームギアドライブは、太陽光風力発電が太陽をより効率的に追跡するのに役立っているをお読みください。