家族のために、パンデミックを切り抜ける

コミュニティ

家族のために、パンデミックを切り抜ける

ティムケン社と強力なパートナーシップを結んでいる2つの慈善団体、ユナイテッド・ウェイとハビタット・フォー・ヒューマニティは、Covid-19の症例数、入院、経済的被害、そして多くの愛する人を失うという悲惨な2020年のカレンダーに、喜ばしい出来事もたらしました。

昨年、ティムケンの従業員は、個人的な損失や困難にもかかわらず、これらの組織への約束を果たし続けたのです。そうすることで彼らは、より広い地域で苦しみを和らげ、希望もたらし、ティムケンの価値観を広めることができました。

パンデミックの間は、安全な家がすべてです。

「ティムケンのボランティアたちのおかげで、何家族も予定通りに新居に引っ越し、祭日を祝うことができました」。と、オハイオ州東中央部のハビタット・フォー・ヒューマニティ最高責任者のベス・レクナーは言います。「私たちはティムケンの人々が私たちと共にいてくれたことにとても感謝しています。これらの家族は、この冬を、より良い、より安全な場所で過ごすことができるのです」。

3月にパンデミックが米国を襲ったとき、控えめに言っても、見通しは不透明でした。「4月4日には、ティムケンが今期建てる最初の家の建設準備ができていました」とレクナーは言います。ハビタットは、ほとんどの組織(ティムケンを含む)と同様に現場での活動を停止しましたが、レクナーのチームはすぐに、Covid-19の只中でも彼らの仕事を維持するための計画を立てました。

ティムケン側の、主任、人事分析およびティムケン・ハビタットプログラムの共同議長であるジョーダン・リンデスミスは、同社の最初の懸念はティムケン従業員の安全であったと述べます。夏に物事が再開し始めたとき、ハビタットチームは安全計画をまとめました。作業現場のボランティアの数を制限し、体温チェック、マスク着用、手指消毒剤、色分けされたツールバケットなどの予防措置のリストを作成しました。

「各自にその日用のツールセットを用意しました」とレクナーは言います。ほとんどのハビタットの建物は新築であり、現場には水がないため、数人の献身的なボランティアが足ポンプ式の手洗いステーションを組み立てて、各建設現場に配布しました。

「これらすべてが整ったので、ボランティアを安心してを呼び戻すことができると思いました」と彼女は言います。ハビタットは今年4月ではなく7月に住宅建設を開始しましたが、ボランティアの支援により、住宅を約束したすべての家族に、2020年末までに新居を提供することができました。

厳しい時代。強力なティムケンのコミュニティ

ティムケンとユナイテッド・ウェイとの関係は100年近くに及びます。1922年、ティムケン家の一人が、当時コミュニティ・チェストとして知られていた働きについて聞きました。「彼らは、地域が集まって一つの団体に寄付し、その団体が監督、支援、激励という形で地域に還元するという概念に強く感動したのです」。ユナイテッド・ウェイのスターク郡の会長兼CEOであるマリア・ヘーゲはこのように述べます。

今日、ティムケンのサポートは米国をカバーしており、さまざまな場所で独自のユナイテッド・ウェイ・プログラムを管理し、地元のニーズに合わせて資金の提供を行ってしています。「ティムケンは、この地域で私たちの活動を始めるのを支援してくれたので、私たちの心の中で特別な場所を占めています」とヘーゲは言います。「私たちは自分たちの仕事が大好きですが、ティムケンのような会社のおかげでそれを行うことができるのです」。

Covid-19の前は、毎年恒例のゴルフやリーダーシップのための朝食会など、対面の募金イベントへの参加などの活動が、ティムケンの仲間を引き寄せていました。「今年は持ち帰り用の朝食というイベントを開催しました」とヴィンス・メノナは述べます。彼は、ティムケンの航空宇宙事業の全国販売マネージャで、2020年にティムケン・ユナイテッド・ウェイ・キャンペーンの議長を務めました。

今年の資金調達のほとんどは、ズーム会議と電話会議で行われたと彼は言います。人気のある対面イベントをキャンセルしたにもかかわらず、メノナとティムケンのコミュニケーションチームは、ユナイテッド・ウェイのメッセージが確実に発信されるようにしました。

「私たちは、人々に鏡の外を見てもらうように努めています」と彼は言います。「私たち全員にとっても大変でしたが、ほとんどの場合、ティムケンの外はもっと大変でした。だからユナイテッド・ウェイとのパートナーシップが本当に役立ったのです」。

メッセージは効果的でした。困難な時期にもかかわらず、ティムケンの従業員は2019年と同等の寄付を集めました。ヘーゲの地域では、ティムケン慈善教育基金と他の寄付者のおかげで、429人の子供を含む約300世帯が、ユナイテッド・ウェイのCovid-19被害基金から約272,000ドルの支援を受け取りました。さらに、この組織は2,500ポンドを超える食料、103,733枚のマスク、800件の清掃用品の寄付を集めました。

「このようなことを経験すると、コミュニティがどれほど素晴らしいものかを学ぶことができます」とヘーゲは言います。「私たちは、お互いを尊重しながら集まることができます。最も弱い立場にある人々、そして正しいことを行っていたのにCovid-19の被害を受けた人々に焦点を当て、彼らがこの状況を切り抜けられるように助けるのです」。

ためらうことなく成し遂げる

全てが閉鎖という最初のショックの後、ティムケンのハビタット・フォー・ヒューマニティのチームは、ハビタットの家族への約束がこれまで以上に重要であると判断しました。「私たちは皆、このパートナーシップやこの仕事に背を向ける時ではないことに気づいたのです」とリンデスミスは言います。「これがまさに私たちが活動する理由であり、それが必要とされています」。

航空宇宙のプログラム・マネージャでティムケン・ハビタットの議長であるメリッサ・カーニーは、住宅を待っている家族が冬休みまでに確実に入居できるように、今年は200人のティムケンのボランティアがやってきたと言います。

「他の人を助けることに喜びを抱いている人々と一緒に働くことは、励みになります」とカーニーは言います。「これらの家族を助けることは、私たち全員にとっても重要でした。特にこの時期はずっと家にいる必要があったのに、おそらく彼らには良い住宅環境がなかったのです」。

レクナーはそのときの心情を表します。「私たちのボランティアがどういう人たちかがわかります。正直、躊躇は全くありませんでした。ティムケン社員は、このコミュニティのプロジェクトを最後まで見届けるつもりだったのです」。

地元地域を支援し、危機の中でも皆を引っ張るというティムケンの約束は、2020年に世界中で実践されました。インドの社員は、食糧にアクセスできない人々を養うための活動に、友人や同僚を参加させました。それについては、こちらをお読みください