精密さを目指して ティムケン社、Cone Driveを買収し、成長するポートフォリオに精密ギアソリューションを追加

成長する

精密さを目指して ティムケン社、Cone Driveを買収し、成長するポートフォリオに精密ギアソリューションを追加

7年前、Carl Rapps氏は当時彼の会社であったPhiladelphia Geaがティムケンによって買収されたときに、買収された側にいました。

「ティムケンは統合するのが上手です」と彼は言います。「会社の指導者たちは、買収で彼らの独自性が失われないようにしました。つまり、ブランド、本社、そして卓越性を求める素晴らしい企業文化が失われないようにしたのです。」今日、Rapp氏はティムケンのギアドライブ、モーター、様々なその他の産業用ドライブトレーン部品の製造と修理業務を担うグループを率いています。

Philadelphia Gearの買収後も、一連の買収により、ティムケンはDrivesCarlisle BeltsLovejoy、およびGroeneveldなどのパワートランスミッションのブランドのリーダーたちをそのポートフォリオに加えました。ティムケンの120年の伝統があるローラーベアリング製品の他にも、カップリング、ベルト、チェーン、自動潤滑システム、リニアモーション製品など多くのものが製品ラインに加えられています。

この成長戦略によって、当社は幅広いポートフォリオから、最高品質のブランドを顧客と販売店にお届けしています。また当社は、深い技術知識と市場における知識も提供します。

「今日、ティムケンはパワートランスミッション製品とサービス産業を率いる会社となりつつあります」とRapp氏は述べます。「当社は優れたローラーベアリングカンパニーであることを証明してきました。現在、当社は品質、エンジニアリングの専門知識と、優れた製造能力という基礎を築き、その上に、より大きく収益性の高い一連のブランドと能力を構築しています。

Carl Rapp, Group Vice President

Rapp氏は、会社をより多様な未来に向けて進ませるための重要な人物です。今秋、彼はティムケンの最新の買収であるCone Driveの統合を任され、彼らの成長を率いています。会社での彼の経歴からも分かるように、これは全工程における経験や知識を必要とする任務です。

精密モーションコントロールのリーダー

Cone Driveには誇るべき歴史があります。Samuel I. Coneによる1925年の二重エンベロープウォームギアの発明は、1940年代の米軍の軍事機器において大きな役割を果たしました。独自の設計により、ドライブとギヤボックスとの間の接触面が増加し、負荷をより小さいスペースに集中させることができます。これにより、製造業者はより小さなエネルギーでより大きなパワーを伝達できます。

1950年に、会社の現在の本社がミシガン州トラバース市に設立されました。Cone Driveの技術者は、1948年にトラバース市の住民であったJohn Parsonsが考案した数値制御の技術を、彼らの製品に組み込み始めました。

その革新的な製品が同社を精密産業の道に導いたのです。すべてのティムケンのギアソリューションは最高品質である一方で、Cone Driveのウォームドライブ技術は、動きにおいて正確な基準を必要とする小型機器のソリューションにおいて、精密性をさらに高いレベルに引き上げます。今日、Cone Driveは現代の自動化のリーダーとして知られ、太陽を追跡しながら太陽光パネルを配置するトラッカーのギアセットや、現代の工場で使用されているロボットのアームを製造しています。

世界的に提供するティムケン製品の拡大

Rapp氏はCone Driveがフォーカスする太陽光、ロボット、および食品・飲料という成長市場は、Philadelphia Gearで販売されている既存のティムケンのパワートランスミッション製品ラインを補完するものであると述べます。この買収は、Philadelphia Gearの製品をOEMで、またはその逆で提供するための重要な機会となります。

Cone Driveは、成長市場においてティムケンのベアリングを打ち出すことができ、同様に、Cone Driveも幅広いティムケンの南北アメリカ、欧州、中東・アフリカにわたる販売・流通ネットワークを利用してグローバル販売を拡大することができます。

「彼らの価値提案はティムケンによく似ています」とRapp氏は述べます。「Cone Drivesは、顧客の利点、市場、技術、および製品の観点で、当社と非常に似ています。Cone Driveは、精密機器がウォームギアドライブ技術を必要とする業界や用途がある分野に当社を導いてくれます。」

この機会はここで止まりません。Cone Driveは、中国を拠点にした旋回駆動の製造業者であるH-Fangを2014年に買収しました。「世界で最も進んだ機械ツールへ新しく投資されるその大部分は、東南アジアで起こっています」とRapp氏は述べます。「H-Fangの買収によって、これらの市場で存在感を増すことができ、これらの製品ラインで競争力のある場所に当社を位置づけることができます。」

ティムケン同様、Cone Driveは、OEMの機器部品と共に、設置された機器へのアフターマーケットのサービスを提供します。この買収により、ティムケンは中心となる製品を補完する周辺製品とサービスの戦略を、同等の品質と優れたブランド認知と共に継続しています。

この戦略によって、1つの小さな部品のみではなく、システム全体を見るOEMとアフターマーケットサービスという利点を顧客に提供します。「当社に寄せられた顧客からの信頼を利用して、厳選した会社とサービスを加えて、当社の収益ベースを拡大し、より多くの顧客の問題を解決していきます」とRapp氏は述べます。