Groeneveldの持続可能である利点-BEKAのツインライン

製品

Groeneveldの持続可能である利点-BEKAのツインライン

ティムケンのGroeneveld-BEKA潤滑システムのウィルソン・バルビアニは、自動潤滑製品がいかにオフロード建設と港湾設備をより環境的に持続可能なものにしているかについて考えます。

Wilson Balbiani

Groeneveldのウィルソン・バルビアニ-ティムケンによるBEKA潤滑システム

名前:ウィルソン・バルビアニ

役職:Groeneveld-BEKAの研究開発ディレクター

拠点:ヴァルマドレーラ、ロンバルディア、イタリア

製品の選択:Groeneveld ツイン、パラレルNLGI-2潤滑システム

理由:信頼性が高く、環境的に持続可能なパフォーマンス

「私はいつも仕事に刺激を受けています。彼らは同僚を尊重し私のことも尊重してくれます」。

ウィルソン・バルビアニ高校を卒業したばかりの1996年にジュニアエンジニアとして入社して以来、彼はGroeneveldで人生の半分以上を過ごしてきました。キャリアを通じて、彼は技術系と販売の両方を経験し、2010年にGroeneveld Russiaを設立するのを手伝いました。現在、彼はGroeneveld-BEKAの研究開発を指揮しています。

Twin Parallel NLGI-2はどのようなアプリケーション向けに設計されていますか?

バルビアニ:Groeneveldツインは、主に建設および港湾産業で使用されるオフロード機器で用いられています。つまり、掘削機、ホイールローダー、ダンプトラック、船から岸までのクレーン、ストラドラー、ガントリークレーンなどです。これらの機械は、液体グリースではなく粘着性のあるNLGI-2グリースを必要とします。これは、ベアリングをより長い間潤滑し、汚れたほこりの多い環境にも耐えるためです。

ほとんどのお客様は、機器に手でグリースを塗っています。そうすると、一度に大量のグリースを塗布するため、半分は押し出されて無駄になり、土壌汚染が発生する可能性もあります。ツインを使用すると、マシンの稼働中に一定の間隔で数滴ずつ自動的に注入されるため、ピンがある必要な場所に適切な量だけが塗布されます。よって機械にグリースを塗る手作業がいりません。また、作業を停止して数時間かけてグリースを塗る必要がないため、稼働停止の必要もありません。

Groeneveld-BEKAが提供するすべての製品の中で、なぜツインがお気に入りなのですか?

これは、市場で最も信頼性の高い潤滑システムです。必要なものはすべて標準装備されているため、以前は自動潤滑システムのロールスロイスと呼んでいました。

ツインが環境的に持続可能な製品として際立っている理由は何ですか?

バルビアニ:ツインの特許を受けた、ユニークなシステムは、機械の使用ごとに、顧客がグリースの量を調整できるようになっています。だからグリースの無駄や、環境汚染の問題が大幅に抑えられます。

機械のキャビンから出なくても、キャビンに設置されているディスプレイから、様々な作業モードに合わせて、それに応じたサイクルを簡単に選択できます。

たとえば、掘削機を連続して2時間ほど使用する場合には、「通常負荷」に設定できます。他の機械や人と一緒に作業している場合(例えば15分間作業してから、1時間待って、その後さらに15分行うような場合)、ツインシステムを「低負荷」に切り替えてグリース消費量を減らすことができます。機械を酷使するので、さらに保護が必要な場合は、機械を「高負荷」に上げることができます。

ツインは生分解性グリースにも適しているため、より環境的に持続可能なオプションへの移行を検討しているお客様にとっても、より用途が広くなります。

最新のものでは、リサイクル可能な素材(環境にやさしい方法でコーティングされた素材)を追加し、製品が最終的に解体されたときに環境への影響が少なくなるようにしました。

Groeneveld Twin Line

Groeneveldツインライン自動式潤滑製品は多くの場合、オフロード建築で使用されます。

ツインはその他のGroeneveld-BEKA製品ラインにどのようにフィットしますか?

バルビアニ: ティムケンがBEKAを買収したことにより、当社の自動潤滑システムのポートフォリオが大幅に拡大しました。BEKAの進歩的なシステムは、風力発電や食品および飲料を含む幅広い業界にサービスを提供しています。歴史的なGroeneveld、BEKA、またはティムケンの顧客は、現在、3社すべてのサポートと能力を自由に利用できます。

当社のBEKAの製品ラインにはデュアルラインの連続システムが含まれていますが、これらは一般に大規模な産業用向けです。高さ1〜2メートルで、800から1,000のグリース点に注入する大きなポンプがあります。ツインは、付加価値と信頼性のためにシングルラインからデュアルラインに移行する、小規模な設置向けに設計されました。

ツインのデュアルラインシステムの価値は何ですか?

バルビアニ:シングルラインの自動潤滑システムは、高速道路のトラック、トレーラー、バス、およびより軽いグリースを使用するその他の車両に適しています。しかし、NLGI-2グリースを使用する大型車両をこのやり方でやると、加圧されたグリースが長時間留まり、非常に高い圧力で硬化して石鹸のようになる可能性があります。

ツインを開発していたとき、1.5本のラインから始めましたが、強力な戻しばねを備えた非常に大きな計量ユニットを使用しなくてもよいように、2本のラインが必要であることがわかりました。グリースを押し出す圧力ラインを交互に使うことで、システムを小さく、比較的安価に保ち、小型機械に適したものにすることができました。

技術を開発するのは難しいことでしたが、それを正しく理解したときに、正しいものができたのです。ツインポンプは、25年間、機械のように確実に、顧客にサービスを提供してきました。改善されたのは、ポンプ通信技術、材料、信頼性、およびリサイクル可能な材料の使用です。ツインシステムを購入する顧客は、私の経験で言うと、何年間もそれだけを使う傾向があります。

Groeneveld-BEKAの デュアルライン潤滑システム、およびティムケンの 環境の持続可能性への取り組み