研究開発を徹底的に推し進める

研究開発を徹底的に推し進める

革新は120年以上にわたってティムケンを成功に導いてきました。何世代にもわたって、会社が成長し、適応し、回復力を維持してきたのもそのおかげです今日、ティムケンは将来の世代のために複雑で多面的な課題に対応しています。それは 再生可能エネルギーの台頭と、テクノロジー主導の第4次産業革命です。革新は企業文化の中心であり、ティムケンブランドの特徴です。

過去5年間、革新スポットライトプログラムプログラムはこの原動力と、ティムケンの研究開発チームの仕事を称賛してきました。世界で最も才能のあるエンジニアたちと共に、研究開発部門は、ティムケンのより大きなエンジニアリングコミュニティの一部として、広範囲で適用できる顧客志向のソリューションをつくっています。それには風力タービンの性能を向上させる 耐摩耗性ローラーベアリングコーティング使う 無人搬送車用の磁気エンコーダ安全にワクチンを保管する収容ユニット、今や地球から100万マイル離れたところにある高性能な ジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡用のボールベアリングなどがあります。これらはほんの数例です。

毎年恒例のコンテストには、年間を通じて同僚から指名された個人またはチームが参加できます。毎年2月、管理チームが候補者を評価し、勝者を決めます。

「コンセプト、価値、成果、影響などが、革新スポットライトプログラムの基準です」と研究開発推進マネージャーのエイドリアン・アキノは言います。

仕事と同様、プログラムも大成功を収めており、世界中の様々な部門からの参加が見られ、材料科学者レオロジスト、トライボロジスト、製造プロセスの専門家、冶金学者、他の多くの専門家たちが参加します。

「ティムケンは私たちの一流の才能で知られており、多くの従業員はそれぞれの分野において、世界クラスの専門家です」とアキノは言います。「しかし、多くの場合、最も意味のあるプロセスと適用法の進歩をもたらすのは、異なる専門分野を交えた協力です。」

「エイドリアンのデータサイエンスのバックグラウンドは特に価値があります」と、ティムケンの研究開発ディレクターのライアン・エバンスは言います。「私たちが行っている作業は高度にデジタル化されており、実験とモデリングのシミュレーションによって生成されたデータは、会社の最大の知的財産とも言えます。」

研究開発の舞台裏

過去の受賞歴をざっと見ただけでも、ティムケンの成功を牽引する、重要な部分がよくわかります。

昨年、上位に入選した、風力タービンのメインシャフト用に設計された新しいベアリングをご覧ください。クリーンエネルギー生産の最適化に大きく貢献し、長年の共同研究の成果である新しいスプリットテーパーダブルインナー(TDI)ベアリングのプロトタイプは、設置を容易にし、コストを削減し、風力発電所の運用性を向上させるように設計されています。最近、 ティムケンは名誉ある、研究開発のトップ100にランクインしました。これは、科学の実用化において業界全体で開催される唯一のコンテストです。


「外部からの称賛を得るだけではなく、独自の内部工程でも、価値を提供する研究を表彰するのです。」

エイドリアン・アキノ
研究開発マネージャー


以前の革新スポットライト受賞の成果は、ティムケンの履歴書にも追加されます。

  • 円すいころ(ミクロン単位で測定される必須のベアリングの部品)の超仕上の独自の工程で行われる測定方法は、ティムケンの大口径製造の効率を改善し、ティムケンの最大の市場でもあり、急速に拡大する風力エネルギー業界への納品速度を速めます。
  • 画期的でありながら 静かな、 シミュレーション システムは、騒音・振動・快適度(NVH) を測り、一般的な産業用のベアリング仕様における、ますます厳しくなる顧客の騒音に対する要件に対処します。 現在、世界中の顧客が毎日使用するモデリングソフトウェアは、一個のベアリングだけでなく、適用されたシステム全体の振動を予測できるので その工程で、騒音公害を減らすことができます。
  • より速く、より環境に優しいマルクエンチという熱処理「レシピ」で、部品の歪みを最小限に抑え、仕上げの研削時間を短縮することができ、ティムケンは、「より環境に優しい」自動車の車軸ベアリングを製造することができます。 また、 顧客にとっては、コスト削減となります。

「私たちは外部から称賛を得るだけではありません」とアキノは言います。独自の内部工程でも、価値を提供する研究を表彰するのです。」

確かに、部門の成功の多くは、舞台裏で行われる、決して華やかではない、長期の骨の折れるような科学的な研究からきています。革新スポットライトプログラムが評価するのは、この種の努力の成果です。

「私はこれに私の人生の3年間を費やしました、と言えるような仕事が、今評価されており…それは重要なことです」とアキノは言います。「従業員は、自分の努力が感謝されていると感じることでしょう。」

アキノは、コンピュータサイエンスの学位を取得し、同社に20年勤続するベテランです。彼女は、サプライチェーンの注文管理をサポートするITとして始め、システム、アプリケーション、および製品(SAP)プログラムの実装の監督を支援してきました。最近では、会社のマーケティング部門に勤務し、昨年、アキノは研究開発での新しい任務に就きました。

「私はデータとプロセスが大好きなので、分析を通じてさまざまな情報を活用し、従業員が効率的にデータに基づいたビジネス上の意思決定を行うお手伝いをします」と彼女は言います。

「エイドリアンのデータサイエンスのバックグラウンドは特に価値があります」と、ティムケンの研究開発ディレクターのライアン・エバンスは言います。「私たちが行っている作業は高度にデジタル化されており、実験とモデリングのシミュレーションによって生成されたデータは、会社の最大の知的財産とも言えます。」

アキノは、この仕事には比較的新しくても、部門の目的と、会社の革新を求め続ける推進力には大いに同意します。

「私の仕事は複雑な問題を解決することですが、チャンスをつかみ、どんなことが起こるかを予測することでもあります」と彼女は言います。「そういう意味で、私がしていることは、研究開発の同僚たちと非常に似ています。」


次世代のリーダーを養成するティムケンプログラムについてもっと詳しく知るにはこちらをご覧ください。