精度がすべて ティムケンの測定研究開発のグループリーダーであるJerry Rippelは、当社の長年の品質への取り組みを実現するために、製造施設で採用された、部門のさまざまな測定科学のプラットフォームと技術、およびイノベーションについて説明します。

Read how.

専門知識

効率

刈り取りの結果: 農業に役立つティムケンのポートフォリオ

現在の出来事は、世界の食料不安を悪化させています。農業生産量のギャップを最小限に抑えるには、効率と稼働時間が特に重要です。ティムケンのエンジニアリングの専門知識と製品の堅牢なポートフォリオは、この面で重要な役割を果たしています。ティムケンのグローバル マーケティング部門のマネージャーである マーク・シュタングルが説明します。

革新

顧客に合わせてつくる:Rollonは最先端の直線運動ソリューションをカスタマイズします

Rollonはカスタマイズされたソリューションをつくる能力で、事業の75%以上を牽引し、新興市場で、複雑な用途のために、直線運動の製品をカスタマイズすることで有名な業界リーダーです。シニアアプリケーション部門マネージャーのファブリツィオ・ガローネが説明します。

ホワイトペーパー

軸受鋼の微細構造の調査

材料科学の専門家のモハン・パラドゥグは、製造および用途におけるさまざまな材料の反応を理解するために綿密な調査を行っています。彼はこの分野の他の専門家と協力して、鋼の微細構造のマイクロ工学が軸受の信頼性にどのように影響するかを調査し、これらのことを技術論文で最近発表しました。

ホワイトペーパー

風力タービンの操作性を向上させるためのベアリング疲労の診断

ティムケン研究開発の製品開発の専門家であるロヒット・ヴーサルルは、先駆的な科学的研究で米国エネルギー省に認められており、この最近の報告書では、ベアリングの白色エッチング物質の形成を予測することが風力タービンの効率的な運用に欠かせないことを説明しました。

効率

人間が率いる高度なベアリングシステム分析

ティムケンのSyberベアリングシステム分析プラットフォームは、アプリケーションエンジニアが顧客と協力して動力伝達システムに最適なベアリングを見つけるのに役立ちます。それを隅から隅までで知っている3人のエンジニアが、そのプラットフォームがいかに独特なもので役に立つものか、そしてそれがいかにティムケンのユニークさであるかを語ります。

効率

工学技術の価値:安全に業務に復帰できるよう航空会社をサポート

Timken®着陸ホイールベアリングは、世界中のほぼすべての商用ジェット機の安全な離陸と着陸を可能にしています。COVID-19のため、世界の飛行機群のほとんどが地上にとどまらざるを得なかったとき、業界には、飛行機を飛ばさなくても、飛行に適した状態を保つことが要求されました。

人材

次世代のベアリング専門家の育成

マイク・コツァラスは、多くの優れた業績を収めた上、「ベアリングに関する本」の共著者となったことでも業界で知られています。しかし、彼が本当に誇りに思っているのは、彼のチームが外に出て行き、顧客の問題を解決していることです。最近のインタビューでは、次世代のベアリング専門家を育成するための戦略について彼と話しました。

影響

持続可能性についての専門知識:太陽を追跡して地球に電力を供給する

昨年、新規の太陽光発電設備は、新規の風力発電所の建設を上回りました。この傾向は、世界がより多くの再生可能エネルギーに移行するにつれて、2021年を通して続くと予想されています。ティムケンのCone Driveは、太陽追跡システムの精密動作制御ソリューションにおける正真正銘のリーダーです。

リーダーシップ

世界的な混乱の時代におけるサプライチェーンの優越性

世界中で、サプライチェーンのリーダーは、ほんの2冬前に当たり前として考えていたこと全てに対して疑問を投げかけています。グローバルサプライチェーンの責任者であるルイーズ・ダルトンは、製品を顧客の手に届けるための彼女のチームのアプローチについて話します。

革新

史上最大の宇宙望遠鏡をサポート

最初の銀河と星はどのように形成されましたか?宇宙の構成要素は何ですか?NASAのジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が2021年に打ち上げられるとき、世界がその驚くべき発見を目撃するのを、ティムケンの技術がお手伝いします。

写真提供:NASA /クリス・ガン

リーダーシップ

ティムケンのサービスエンジニアは、高価な機器の問題を判定して処理します

すべての業界において、「時は金なり」なので、通常の営業時間中に作業を中断することはあまりありません。でも顧客が午前2時に緊急事態に遭遇すると、ティムケンのサービスエンジニアは問題解決のために飛び出して行き、稼働時間を回復し、損失を制限し、安全な運転を促進します。