友人や隣人を洪水から守る

友人や隣人を洪水から守る

ゲイル・クインランは、ティムケンのエンジニアリングが、実社会にどのような影響を与えているかを直接体験しています。2011年にティムケンの一部となったフィラデルフィアギアに20年勤続のベテランである彼女は、米国陸軍工兵隊と協力して、米国の南東部全域における洪水防御施設をアップグレードしました。また、2005年のハリケーンカトリーナのとき、彼女はニューオーリンズに住んでおり、同街の復興にも携わりました 。彼女に、自分の地域の人々や財産を守る機械をサポートするというのはどのようなものかを尋ねました。

フィラデルフィアギアは、100年間、ニューオーリンズのポンプ場への電力供給を支援してきました。現在、あなたの町の水管理用インフラの近代化をどのように支援していますか?

クインラン:気候と技術の両方が変化しています。だから、継続的に行います。地形を見て、ニューオーリンズだけでなく、ミシシッピ川下流域全体を保護しようしています。昨年、フィラデルフィアギアは、北部の州から流れる高水流出が、ミシシッピ川に流れ込まないようにするモルガンザ放水路の水門設備のアップグレードを手伝いました。それは本当に巨大で、放水路の制御施設は、毎秒600,000立方フィートの水を動かすことができます。垂直に仕切りを上げる門を操作する老朽化したガントリークレーンも、アップグレードが必要でした。高評価の2つの新しいギアボックスを設計および設置し、他の2つのティムケンブランド、 PT Techラブジョイ と協力し、追加のブレーキおよびカップリングソリューションを取り入れました。ティムケンはこれらすべての分野における専門知識を持っているため、長期使用に耐える、より統合された、堅牢で効率的な送電システムを作ることができました。

フィラデルフィアギアに来たきっかけは何ですか?また、どのようにして水管理の専門家になったのですか?

クインラン:先生になるつもりでした!しかし、私の父はエンジニアで、私がフィラデルフィアギアで働き始めたとき、それが興味深いことに気づきました。私は何年もかけて製品を学び、顧客を知るようになりました。私も一緒に関わり、何百万もの質問をしたので、サービスエンジニアたちは、ギアドライブ操作について多くのことをを私に教えてくれました。私にとって、公共に影響を与える水管理は、本当にやりがいがあります。洪水は、社会的および経済的に、地域からすべてのものを奪います。私たちは、この地域の洪水制御に違いをもたらす重要なプレーヤーであることを誇りに思っています。

水管理の仕事はあなた個人にどのような影響を与えましたか?
クインラン:自分が住む場所なので、私にとって大切な仕事になりました。カトリーナのとき、私の地域は洪水に見舞われましたが、私たちの家は水浸しませんでした。でも庭の木は、30本のうち1本しか生き残りませんでした。私はテキサス州ヒューストンのフィラデルフィアギアのオフィスに避難し、衛星電話で陸軍工兵隊の代表者に連絡して、緊急支援をすることを話しました。数日後、私たちはボートでニューオーリンズを移動して回り、すべてのポンプ場を評価し、すぐに修理を開始しました。1つのポンプ場では、当社のギアドライブは3週間完全に水没していましたが、市の中心部の排水を助けていました。これは、避難者の帰宅を許可する前に、緊急対応要員がすべてを確認するのを助けました。その後も、ニューオーリンズは多くの嵐に見舞われましたが、嵐による雨水をはるかに効果的に管理しています。私たちの地域の洪水制御を強化する働きの一端を担うことは本当にやりがいがあります。


ニューオーリンズの水管理のインフラにおけるフィラデルフィアギアの役割については、ここをクリックしてください。

ゲイル・クインランは、ティムケンのフィラデルフィア・ギアドライブが、世界でも最大級の湿地生態系の保護に、どのように役立っているかを説明します。フロリダのエバーグレーズ。