ティムケンのエンジニアリングの専門知識は、ワクチンの安全性と使用可能な状態を維持します

コミュニティ

ティムケンのエンジニアリングの専門知識は、ワクチンの安全性と使用可能な状態を維持します

ワクチンは命を救います。毎年、世界の乳児の80%以上が、致命的となる可能性のあるジフテリア、破傷風、百日咳の予防接種を受けています。医学界は現在、これまでにない世界最大の公衆衛生活動のために、毎日約2240万の新型コロナワクチンの接種を進めています。

ティムケンは、ワクチン製造において見えないところで重要な役割を果たしています。同社のエンジニアリングの専門知識とベアリング製品は、患者にとって安全で使用可能な状態にワクチンを保つのに役立っています。Timken ®収容ユニットは、産業規模の空調設備として機能する冷却塔の操作をサポートします。  冷却塔は、2つの理由から、部屋を厳密な低温範囲内に保ちます。細菌の増殖を抑制してすべての投与量を無菌状態に保つことと、ワクチンの分子構造を安定させて意図したとおりに機能させることです。

ワクチン保管容量増加という問題を解決する

西ヨーロッパのティムケンの地域販売マネージャーであるヒヤシンス・ファーシーは、さまざまな業界が、安全かつ効率的に機能するのを支援するために舞台裏で働いています。しかし、彼は、世界的にコロナが大流行したときに、特に、ワクチン製造を支援することが、最もやりがいのある仕事であったと述べました。

「私たちは常に、エンジニアリングの専門知識を駆使し、戦略的システムをより効果的に機能させるべく状況で活躍しています」とファーシーは述べます。「この場合、公衆衛生の改善に役立つ問題を解決する、ということに誇りを感じています。」

ファーシーは、ヨーロッパの主要なワクチン生産拠点が稼働し続けるのを支援するために、ティムケンが冷却ソリューションプロバイダーと協働したことを述べました。

製薬施設は、新型コロナウイルスを含むいくつかの感染症ワクチンを製造しています。しかし、施設では、3か月に1度、冷却塔の故障が発生していました。その度、生産が中断されました。ティムケンの競合他社から供給されたボールベアリング収納ユニットのパフォーマンスの問題がその原因でした。収容ユニットは、冷却塔のファンと、それらに電力を供給する電気モーターの間の要です。それらがシステム全体を動かします。

ファーシーは、ティムケンの地域サービスエンジニアリングマネージャーであるヒューベルト・ロスとチームを組みました。彼には、世界中のデジタル情報を保存、処理、配信する大規模なデータセンターで使用される冷却塔や、石油精製や化学製品の製造に使用される頑強な冷却塔など、他の重要なアプリケーションでも使われる冷却塔を扱った経験がありました。

彼らは一緒に損傷したベアリングを分析し、高度なティムケンのソフトウェア で、その使用法における真の技術的ニーズを計算しました。  彼らは、競合するベアリングの設計がどこでうまくいかなかったかを発見しました。アプリケーションのずれや負荷状態を管理できなかったのです。

ティムケンは、それ以来、特注の円すいころ軸受収納ユニット ワクチンメーカーの4つの既存の冷却塔に提供しています。最近、コロナワクチンの需要をサポートするために施設が大幅に拡張され、それを支援するために、ティムケン製品を備えた4つの新しい冷却塔が納入されました。ティムケンのソリューションは、すでに競合他社のパフォーマンスを2回打ち負かしています。

____________________________________________________________________________

ティムケンが、電気自動車食品および飲料 再生可能エネルギーの中でも 風力発電太陽発電分野で、どのように社会に技術的に重要な貢献をしているかの詳細をご覧ください。