[Page Title]

偏心ロッキングカラー、Vシリーズ

偏心ロッキングカラー、Vシリーズ

1923年に特許を取得したセルフロッキングカラーは、それ以来、幅広内輪ベアリングの取り付けを容易にするためのロッキングシステムとしては、ティムケンの製品の中でも最も一般的なシステムとなっています。セルフロッキングカラーを使用すると、ロックナット、ワッシャ、ショルダ、スリーブ、およびアダプターが不要になります。

多くの農業および工業用途向けに、シールおよび内側の幅にさまざまなバリエーションが用意されているので、セルフロッキングカラーは取り付けが最も簡単な一体型ユニットです。

ロッキングカラーには、カラーの穴に対して意図的に偏心になるように溝加工されたくぼみがあります。この偏心くぼみは、シャフト上で組み立てた場合、ベアリングの内輪の偏心カムの端とかみ合います。カラーは、ベアリングの内部カム上でかみ合います。このアッセンブリは、使用するにつれて増大する正の結合作用によってシャフトをしっかりととらえます。いかなる種類の調整も不要です。カラーの止めねじにより、補助ロックが可能になります。

デザインの特性

  • ユニットのインサートの幅が拡張されており、スペースに制約があるような場所でも取り付けが可能です。
  • ゴム接着シールは、シールを保護するために外部シュラウドを備えています。
  • ベアリングの内輪は、シールリップが反転するのを防ぐための特殊な形状になっています。

用途

  • コンベヤ
  • 梱包
  • 一般産業用装置
  • ファンおよびブロワー
  • 建設機械
  • 食品および飲料