[Page Title]

サプライヤー要件マニュアル/

ティムケン企業基準29.1
改訂13(2022年7月)

ティムケンのサプライヤーは、品質の問題や中断がなく、製品に欠陥がなく、完璧な納品性能と問題への時間通りの対応が期待されています。

フォワード/はじめに

サプライヤーは、製品とサービスの品質に責任があります。

ティムケン社のサプライヤー要件マニュアルの目標は、品質に関するビジネスを行うための条件をティムケン社およびそのグローバル関連会社と明確に伝達し、サプライチェーン全体の継続的な改善、欠陥の防止、変動および無駄の削減を推進するシステムを開発することです。 ティムケンの許可された担当者から正式に通知されない限り、このマニュアルに記載されている情報が優先されます。

当社のサプライヤーは、品質の問題や中断がなく、製品に欠陥がなく、完璧な納品性能と問題への時間通りの対応が期待されています。

タイプI材料:ティムケン社が販売する製品の一部となる材料です。 また、ティムケン社が販売する製品の(全体または一部を)生産するために使用されるサービスも含まれます。

このマニュアルの範囲は、タイプIの生産材料、生産またはサービスパーツのすべてのサプライヤー、および機械および関連コンポーネントのメーカーの製品品質に適用されます。

このマニュアルの原本は管理された文書です。 サプライヤーに配布され、印刷またはダウンロードされたティムケンサプライヤー要件マニュアルのコピーは管理されていないと見なされ、自動的に更新されることはありません。

ティムケン社のサプライヤーは、ティムケン社のサプライヤーのWebサイト( http://tsn.timken.com/ )からこのドキュメントを入手し、それに従う責任があります。 サプライヤーは、このドキュメントの改訂および更新についてWebサイトを定期的に確認する必要があります。

サプライヤーは、提供する製品およびサービスが、発注書、供給契約に示されている場合、または郵送、電子送信、またはhttp://tsn.timken.com/でオンラインで表示されている場合に、このドキュメントの最新リビジョンに準拠していることを確認する責任があります。

見積もり、発注書、または供給契約の要求にティムケン社のサプライヤー要件マニュアルへの参照を含めなくても、サプライヤーはコンプライアンスを免除されません。

標準要件–品質
ティムケン社のサプライヤーになるには、すべてのサプライヤーが品質要件を満たしている必要があります。

標準要件は次のとおりです。

1.品質管理システムサプライヤーは、文書化および実装された品質管理システムを持ち、オンサイト評価に同意する必要があります。 サプライヤーは、ISO 9001:20xx、IATF 16949:20xx、またはAS 9100:20xxへの登録が必要になる場合があります。 必要に応じて、ISO 14001:20xxの登録または適合が必要になる場合があります。

2. 品質計画/先行製品品質計画(APQP): 要求に応じて、サプライヤーは利用可能なリソースを持ち、品質計画/ APQP、または業界固有の予防システムに参加できる必要があります。実現可能性レビュー、DFMEA’a、PFMEA、設計レビュー、プロトタイプ生産、生産部品承認プロセス、プロセス管理計画、FOD防止活動などの取り組みを含みます。

3.是正措置:サプライヤーの製品に関連する品質問題が発生した場合、サプライヤーは、Timken Quality Information System(QIM)を使用して電子的に提出された書面による是正措置レポートを提出する必要があります。

4.危険物:危険物に関連するすべての情報、およびすべての政府および安全要件の履行は、サプライヤーによって提供される必要があります。 サプライヤーは、特定されたすべての品目について製品安全データシート(MSDS)を提出する必要があります。

5.変更の管理:サプライヤーは、意図されたプロセス変更をティムケン社に通知し、実装前にティムケンの承認を得ることに同意する必要があります。 サプライヤーはまた、これを自社のサプライチェーン全体の条件にする必要があります。 場合によっては、承認プロセスの一環としてサンプルとドキュメントが必要になります。

6.材料とプロセスの仕様:サプライヤーは、特定の材料とプロセスの仕様に合わせてティムケン製品を製造する必要があります。 場合によっては、サプライヤーのサブサプライヤーの承認が必要になります。

7.材料ソースの承認: Timkenが材料を指定する場合、Timkenはすべての材料ソースを承認する必要があります。 サプライヤーは、ティムケンの施設に材料を出荷する前に、材料認証データベースを利用する必要がある場合があります。

8.不適合製品:サプライヤーは、仕様を満たす製品のみを出荷するか、不適合製品の出荷前に書面による逸脱を取得する必要があります。 不適合製品の出荷に対するティムケンの同意は、サプライヤーのティムケンに対する責任を軽減するものではありません。

9.記録:サプライヤーは、定義された期間、特定の記録を維持する必要があります。 ティムケンは、必要に応じて、記録の処分を含む記録の保持を定義します。

10.出荷および梱包の要件:サプライヤーは、出荷および梱包に関するTimkenの仕様に準拠する必要があります。 これには、ラベル付けの仕様または要件が含まれます。

11.サプライヤーのエスカレーション:サプライヤーは、品質、納期、またはコストの分野での継続的な不履行の結果として、より高いレベルの活動に置かれます。

12.サプライヤーのコスト回収およびチャージバックプロセス:ティムケンがサプライヤーの許容できないパフォーマンスに関連するコストを回収する正式なプロセス。

13.サプライチェーン管理:サプライヤーは、自社のサプライチェーン全体を積極的に特定して管理する必要があります。 サブサプライヤーがティムケンの要件を満たしていることを確認するのはサプライヤーの責任です。

14.トレーサビリティ:製品のトレーサビリティは要件です。 サプライヤーは、ティムケンの要求に応じて、製品バッチ/ロットの一意の識別情報を提供する必要があります。

15.購入した製品の検証:サプライヤーは、Timken、その顧客、または顧客の代理人によるオンサイト製品検証を許可する必要があります。

これらの標準要件については、次のページで詳しく説明します。


1.0サプライヤーの最小要件

1.1はじめに
タイプIサプライヤー向けのTimkenCompanyサプライヤー要件マニュアルへようこそ。

タイプ1サプライヤーとは、ティムケン社が販売する製品およびサービスの一部または全部を構成する製品またはサービスを提供するサプライヤーとして定義されます。

ここに記載されている要件は、ティムケン社のベアリングおよびトランスミッションビジネスユニットのすべての外部タイプIサプライヤーに適用されます。

間接材料のサプライヤーは、発注書の要件および/またはその他の契約上の義務によって定義されているサプライヤー要件マニュアルの適切なセクションに準拠するものとします。

ティムケン社の品質に対する評判とティムケンブランドの約束が、購入する製品に反映されることを期待しています。

このマニュアルは、品質方針の意図を実現するために必要な特定のプロセスと情報を定義しています。

当社のサプライヤーは、継続的な改善アプローチを使用して、ティムケン社が以下を通じてサプライヤーとティムケン社の総所有コストを最小限に抑える無駄のないサプライチェーンを構築するのを支援することが期待されます。

  • 顧客重視のリーダーシップ–ティムケン社のニーズを理解して予測するよう努め、それらのニーズを満たすためのインフラストラクチャを積極的に確立します。
    • これには、イノベーション、コラボレーション、スピード、在庫管理、コスト競争力が含まれます。
  • 卓越した実行–中断や品質の問題がなく、完璧な配信パフォーマンス。 このマニュアルの残りの部分では、ティムケン社がサプライヤーとの関係を管理する方法についてさらに詳しく説明します。

1.2サプライヤーの品質管理システムの要件
少なくとも、Timken Companyのサプライヤーは、Timken Supplier Quality Development(SQD)によって特に指定または承認されていない限り、準拠する必要があり、ISO 9001:20xx、AS9100:20xx、またはIATF 16949:20xx登録の最新リビジョンを取得する必要がある場合があります。 。

Timkenのサプライヤーが小さすぎて、IATF 16949:20xx、AS9100:20xx、またはISO 9001:20xxに準拠した品質管理システムを開発するための十分なリソースがない場合、TimkenSQDはサプライヤーリスク評価を使用して現場で監査を実施します。監査またはデスク監査アプローチを介して、ギャップを評価し、リスクを特定し、Timkenおよび最終的な顧客を保護するための適切な措置を講じます。

サプライヤーは、IATFに登録されたサプライヤー品質管理システムに特別なステータス条件(新規事業の保留–品質、改善の必要性、第1四半期の失効など)が通知された場合、適切なTimkenサプライヤー品質開発(SQD)アソシエイトにタイムリーに通知する必要があります。 )IATF(国際自動車タスクフォース)または他の組織のいずれかによる。

ティムケン社は、サプライヤーの品質管理システムの適合性を検証するため、またはサプライヤーのエスカレーションに関連する是正措置または予防措置に関する有効性を検証するために、適切と思われるオンサイト監査を実施する権利を留保します。

タイプIのサプライヤーは、ティムケンの顧客、顧客の代表者、政府または規制当局に、サプライヤーの敷地内でサプライヤーの品質システムの監視を実施する権利を許可する必要があります。 これには、サプライヤーの下請けサプライヤーへの訪問が含まれる場合があります。

このような訪問はすべて、ティムケン社によって承認および手配されます。
タイプIサプライヤーの下請け製品またはサービスをサプライヤーに提供するには、必要に応じて、主要な特性(名前は付けられています)、材料またはプロセスの要件など、購買文書の該当する要件をサブティアサプライヤーに提供する必要があります。

1.3ティムケンの印刷物、規格、および仕様

ティムケン社から受け取った発注書ごとに契約レビューを実行するのはサプライヤーの責任です。 これには、ティムケンの印刷物、規格、および仕様の識別が含まれます。

この要件は、次のいずれかの方法で満たす必要があります。

  • 発注書が印刷物、規格、および仕様の改訂を定義する場合、サプライヤーは、発注書に記載されている文書の改訂が同じであることを確認する必要があります。
  • 発注書に印刷物、規格、または仕様の改訂が定義されていない場合、サプライヤはそれらのドキュメントの最新の改訂があることを確認する必要があります。 この要件は、次のいずれかによって満たされるものとします。
    • 標準と仕様については、TSNをチェックして最新のリビジョンを特定してください。
    • 独自のTimkenプリントを取得できないサプライヤの場合は、Timken購買担当者に連絡してプリントの改訂を確認してください。
    • TADAを使用して独自のTimkenプリントを取得できるサプライヤの場合、処理前に最新のプリントリビジョンを確認するのはサプライヤの責任です。

サプライヤが最新のドキュメントリビジョンを取得していないか、取得が困難な場合、サプライヤは適切なTimken購買担当者に連絡する必要があります。

1.4製品の検査
ティムケン社に提供されるすべての製品は、合意された管理計画に従ってサプライヤーによって検査されるものとします。 購入または供給契約がない場合、サプライヤーは、製品がティムケン社の要件に準拠していることを確認するために必要な検査方法を開発、実装、および維持する必要があります。

サプライヤーは、製品/プロセス管理計画で定義されているように、インプロセスおよびアウトバウンドの監査検査またはテストを実施するものとします。 検査データはサプライヤーが保持し、要求に応じて利用できるようにするものとします。

サプライヤーは、Timken、その顧客、その顧客の代表者、政府、または
規制当局は、購入した製品が指定された要件に準拠していることをサプライヤーの敷地内で確認する権利を有します。 サプライヤーは、品質管理の効果的な証拠としてそのような検証を使用してはなりません。

ティムケン、その顧客、またはその顧客代表による検証は、受け入れ可能な製品を提供する責任のサプライヤーを免除するものではなく、また、ティムケンまたはその顧客によるその後の拒否を排除するものではありません。行き先。

該当する場合、製品の品質履歴はティムケン社に提供されるものとします。 品質履歴には、製造、処理、または製造中に生成されたすべての検証文書が含まれている必要があります。

1.5不適合(不適合)製品
不適合または不一致の製品とは、図面仕様、発注書要件、Timken Companyの製品とプロセスの仕様または標準、および業界の製品とプロセスの仕様と標準からの逸脱として定義されます。これには、数量、外観、材料、冶金、包装、取り扱い、出荷、配送、清潔さ、寸法。 偽造部品は不適合材料として扱われるものとします。

製品の出荷、輸送中、またはティムケンへの配送後にサプライヤーが不適合製品を検出した場合、サプライヤーは、ティムケン社への正式で詳細な通知を含め、影響を軽減するための適切な措置を講じるものとします。

通知には、不適合の明確な説明を含める必要があります。これには、必要に応じて、影響を受ける部品、部品番号、数量、納品日または輸送中の日付が含まれます。 ティムケンが要求する場合、サプライヤーは、材料または製品のロットまたはバッチのトレーサビリティ情報を提供するものとします。

不適合材料レポート(DMR) (手順についてはここをクリック)は、不適合、不一致、および/または拒否をサプライヤーに通知するために使用されます。 DMRは、TimkenのQuality Issue Management(QIM)を使用して、電子メールで直接サプライヤーの連絡先に送信され、タイプIの資料を受け取るTimkenCompanyの施設から開始できます。 DMRは、不適合製品の検出時に開始される場合があります。 サプライヤーからの是正措置の要求が必要になる場合があります。

サプライヤーは、QIMを使用して、要求された時間枠内にサプライヤーの苦情に直接対応する責任があります。 サプライヤーの苦情に別段の記載がない限り、最初の対応は30日以内に予定されています。

サプライヤーの対応–ティムケン社は、QIMを使用して是正措置または予防措置のスピード、適時性、および有効性を監視し、将来のビジネスを授与し、パフォーマンスを監視するための入力としてサプライヤーの対応を使用する場合があります。

特定のタイミング要件は、必要に応じてDMRに記載されます。 提供される一般要件またはデフォルト要件は次のとおりです。

  • DMRの初期応答(チーム/担当者、問題の説明、封じ込めアクション)は、3営業日以内にTimkenCompanyに提供されるものとします。
    • 自動車および航空宇宙のサプライヤーは、24時間以内に対応する必要があります。
  • ティムケン社が8Dプロセスを必要とする場合、最初の8Dレポートは15暦日以内に提出されるものとします。
    • 自動車および航空宇宙のサプライヤーは、5暦日以内に提出する必要があります。
  • 完全な8Dレポートは、30暦日以内にTheTimkenCompanyに提出する必要があります。
    • 自動車および航空宇宙のサプライヤーは、10暦日以内に提出する必要があります。

設計要件で定義されているように、サプライヤーの製品に材料および/または製造上の欠陥があると判断された場合、製品は直ちに封じ込められます。

ティムケン社とサプライヤーは、含まれている「ロット」から欠陥を取り除くために製品を検査できるかどうかを判断するものとします。

サプライヤーの担当者が到着する時間がない場合、サプライヤーはティムケン社に詳細な検査指示を提供するものとします。

ティムケン社は、すべての検査方法を承認する権利を留保します。

検査だけでは欠陥を検出できないと判断された場合、製品はサプライヤーに返送されるか、サプライヤーとティムケンの合意に従って廃棄されます。
ティムケン社は、これらの欠陥部品から発生したコストを特定し、サプライヤーとのサプライヤーコスト回収チャージバック手順を開始します。

購入した製品がティムケン施設での緊急生産に必要な場合、サプライヤーは検査のためにティムケンの生産施設に迅速検査チームを提供するか、(第三者に発注書を提供することにより)第三者検査サービスの使用に同意するものとします。サービスのコストはサプライヤーが負担します。

ほとんどの場合、必要に応じて、サプライヤーには、影響を受けるティムケン施設による分類方法に関するオプションが与えられます。

欠陥のある製品を分類するために第三者を使用しても、製品の品質または納品に対するサプライヤーの責任が軽減されるわけではありません。

ティムケン社は、サプライヤーの製品またはサービスのパフォーマンスを完全に評価するために、必要なすべての安全、破壊的および非破壊的テストを実行する権利を有するものとします。

ティムケン社は、独立した17025:20XX認定試験所のサービスを利用する権利を有するものとします。

サプライヤーは、テストで製品またはサービスに欠陥があることが確認された場合にのみ、上記のテストの費用をティムケン社に払い戻すものとします。

ティムケン社は、サプライヤーに検査のための適切な時間の会計を提供しなければなりません。

購入した製品がデザインプリントに定義されている理由以外の理由で欠陥または不適合であると判断された場合、両者は封じ込め措置が必要かどうかについて話し合い、決定します。

封じ込め措置が必要な場合は、検査基準が確立されます。 封じ込め措置が必要ない場合、サプライヤーの製品は、逸脱プロセスを使用した適切な記録とともに、生産での使用が承認されます。

1.6設計およびプロセス変更の管理
製品の承認後、サプライヤーは、事前の書面による通知とティムケン社からの承認なしに、いかなる種類の変更も行わないものとします。 サプライヤーはまた、これを自社のサプライチェーン全体の条件にする必要があります。

変更は、製品設計の変更として定義されます。製品仕様書;購入した部品;材料、サービスサプライヤーまたはプロバイダー。製造場所;製造方法;処理;テスト;保管所;包装;保存または配達。

変更は、TimkenのQuality Issue Management(QIM)を通じて伝達されるものとします。 これらには、部品の設計、材料、サブティアサプライヤー、製造場所またはプロセスの変更が含まれます。 疑わしい場合は、サプライヤーはそれぞれの企業SQDまたは調達担当者に連絡することをお勧めします。

サプライヤーは、事前にティムケン社に通知し、ティムケン社のために製造、処理、またはサービスされる製品に影響を与えるすべての設計またはプロセスの変更について承認を得るものとします。

変更は、パーツの後続の処理、その処理、または意図された、または予測可能なアプリケーションのいずれかで、影響または最も悪影響に基づいて分類されます。

サプライヤーの変更は、次の方法で開始できます。

  • ティムケンエンジニアリング部門
  • 顧客が開始した変更は、顧客のエンジニアまたはマーケティング部門によってティムケンサプライヤー品質開発部門に伝達されました
  • ティムケンの購買部門とサプライヤー品質開発部門
  • 品質向上部門
  • ティムケンの製造工場/ユーザー
  • サプライヤー

サプライヤーは、TimkenのQIMシステムを使用して変更要求を発行する必要があります。 定義された検証計画を進めるための承認を得るために、TimkenCompanyにリクエストを送信します。 この計画には、新しい製造部品承認プロセス(PPAP)の提出またはFAI(最初の記事の検査)が含まれるか、必要になる場合があります。

恒久的な変更の場合、Timkenサプライヤー品質開発担当者は、新しい製造部品承認プロセスが必要かどうかを判断し、それに応じてサプライヤーにアドバイスします。

検証および/または製造部品承認プロセス(PPAP)の承認に続いて、サプライヤー製品/プロセス変更要求が許可または拒否され、それに応じてサプライヤーに通知されます。

この段階で、承認された変更を段階的に導入するタイミングが確立され、サプライヤとすべての関係者に伝達されます。

1.7購入した製品の提出と承認プロセス
購入製品の提出および承認プロセスは、購入製品のすべての設計および仕様要件がティムケンのサプライヤーによって適切に理解されているかどうかを判断し、サプライヤーの生産プロセスがティムケンおよびティムケンの顧客の技術および品質要件を満たすことができることを保証するために実装されます。 サプライヤーは、サプライヤーPPAP / ISIR提出要求フォームを使用して、SQDによる実現可能性レビュー中に決定された文書を提出します。

提出要件には通常、最初のサンプルパーツが含まれます。デザインレビュー;寸法レイアウト;パフォーマンステストの結果。材料認証;能力研究;プロセスフロー図; FMEA(故障モードおよび影響分析)の設計;プロセスFMEAおよびサプライヤーのプロセス管理計画。

このプロセスは、最新バージョンのAIAG-Production Part Approval Process(PPAP)マニュアルに従って、Timkenの顧客およびTimkenCompanyの内部要件に従います。
固有の顧客固有の要件は、定義および必要に応じて対処されます。

Timken Companyは、顧客が特に指定しない限り、AIAG生産部品承認プロセスのマニュアルで定義されているAIAG生産部品承認プロセスの通知および提出要件に従います。

初期のサンプル部品と識別に関連するTimken固有の要件には、次のものがあります。

  • サンプルは、生産条件下で動作する生産ツールからのものである必要があります。
  • 測定の相関関係を実行できるように、サンプルは一意に識別されます。
  • サンプル量は、製品の性質や製造工程によって異なる場合があります。
  • 生産材料とプロセス。
  • 分析/開発/検証ドキュメント(要求された場合)。
  • サンプル量がTimkenの標準または仕様で定義されていない限り、次のガイドラインを使用できます。
    • 単一部品の生産工具から、最低5つのサンプル(300個の生産実行のうち)が必要です。
    • 複数の部品からなる工具には、キャビティごとに最低1つのサンプルが必要です。

サプライヤーは、サプライヤー品質開発担当者または指定されたプラント品質担当者と協力して、期限内に完全な承認を取得することを強くお勧めします。

サプライヤーの生産部品は、PPAPが大量生産のために承認されたか、暫定的に承認されたという通知をサプライヤーがティムケンから受け取るまで、ティムケンのユーザー工場に出荷するためにリリースされません。

サプライヤーの品質開発担当者から要求された場合、サプライヤーは安全な立ち上げプロセスを確立する必要があります。これは、生産/プロセス管理計画(PCP)を検証し、出荷されたすべての製品がティムケンの期待を満たしていることを確認するのに役立ちます。 (参照1.19サプライヤーの安全な立ち上げ)

1.8測定システム分析
サプライヤーの測定能力を完全に理解するために、必要に応じて、サプライヤー品質担当者によって定義され、サプライヤーは、最新バージョンのAIAG測定システム分析マニュアルに従って測定システム分析(MSA)を実行する必要があります。

1.9プロトタイプ提出要件
プロトタイプアクティビティの目的は、製品、プロセス、およびアセンブリシステムを組み立ててテストし、適合性/測定/設計の検証を実行することです。

プロトタイプでの部品承認(手順についてはここをクリック)により、構成部品の問題が特定および修正され、設計評価、製造、および組み立てに対する部品のばらつきの影響が最小限に抑えられます。

プロトタイプ部品のサプライヤーは、以下の項目を完了し、文書化し、レビューできるようにする必要があります。

1.10専有情報の文書化、認証、およびデータ要件
ティムケン社とその顧客は、サプライヤーの存在下で、サプライヤーの敷地内で、ティムケン社のために製造された製品に関連する機密および専有のサプライヤー情報を含む文書を確認することができます。

該当する場合、製品全体の品質履歴をティムケン社に提供するものとします。 品質履歴には、製品またはサービスの製造中に生成されたすべての検証文書が含まれているものとします。

サプライヤーは、設計、製造、検査、およびテスト中に、ティムケン社に適切な文書を提供するものとします。 文書には、(該当する場合)次のような設計記録を含めるものとします。

  • 設計故障モードおよび影響分析(DFMEA)
  • 設計検証計画とレポート(DVP&R)
  • 品質計画/先行製品品質計画(APQP)ステータスレポート

1.11危険物-製品安全データシート(MSDS)
ティムケン社の製品に使用または組み込まれているすべての材料は、制限された、毒性のある、危険な材料に関する現在の政府および安全上の制約を満たすものとします。また、製造および販売国に適用される環境、電気、および電磁気の考慮事項。 製品安全データ
シート(MSDS)は、適用される規制で定義されているすべてのアイテムについて提出する必要があります。 製品安全データシートは、受け取り場所に提出する必要があります。

完全に開示された製品安全データシートは、実現可能性会議および/または発注書の受領後、できるだけ早く承認のために受領場所に提出する必要があります。 遅くとも、該当するMSDSシートは、コンポーネント、原材料、または製品の最初の出荷/ PPAP提出のに、使用するティムケン工場に提供する必要があります。

各MSDSの承認は、製品発売のできるだけ早い段階で取得する必要があります。 ティムケン使用プラントは、MSDSシートが受け入れられない場合にサプライヤーに通知します。 MSDS情報が提出されていない場合、または承認が得られていない場合、最初の出荷PPAP提出は承認されない可能性があります。
(参照2.8環境の健康と安全)
サプライヤーは、必要に応じてIMDS(International Material Data System)を使用するものとします。

1.12出荷および梱包の要件
場合によっては、ティムケン社は「S」仕様を指定して、出荷および梱包の要件を定義します。

「S」仕様の要件は、発注書および/または製品図面/契約の延長と見なされるものとします。

別の方法がSQDまたは受け取り場所と書面で合意されていない限り、すべての生産出荷には以下が含まれるか、その前に行われる必要があります。

  • 該当するすべての材料仕様で指定されている材料認証。
  • SQDまたは受信場所とは異なる指示がない限り、該当する統計的工程管理(SPC)データ(印刷で指定されたすべての特殊または重要な特性)。
  • ラベル付け、またはバーコードラベル付けは、適切なAIAGガイドラインまたはプラント固有の要件に準拠している必要があります。

生産出荷および梱包要件の議論は、APQP活動または実現可能性レビューの間に開始する必要があります。 すべての要件は、最初の出荷とPPAPの提出の前に確定する必要があります。

1.13サプライチェーン管理
サプライヤーは、必要に応じて、サプライチェーン全体を特定して管理する用意がなければなりません。 これには、原材料のサプライヤーまたはメーカー、およびティムケン社に供給される製品に使用されるコンポーネントまたは処理のサプライヤーが含まれます。

必要に応じて、サプライヤーは、ティムケン社に供給される品目の生産に使用されるサプライチェーン全体に、ティムケン社のすべての品質要件を課すものとします。

1.14サプライヤーの材料のトレーサビリティ
必要に応じて、サプライヤーは適切な製品のトレーサビリティを実証できなければなりません。 特定のトレーサビリティ要件は、最初の実現可能性、品質またはAPQP会議の計画時に特定およびレビューされます。
ティムケン社のサプライヤーは、識別またはトレーサビリティの目的で必要に応じて製品のマーキングを含む、製品、バッチ、またはロットの一意の識別のための文書化された方法を確立および維持するものとします。

出荷ラベルに記載されているロット番号は、受領から、ティムケンへの出荷を含むサプライヤーによる生産のすべての段階でトレーサビリティを提供する必要があります。

ティムケン社は、トレーサビリティ要件への適合性を検証するために、オンサイト監査を実行するか、適切でタイムリーな文書を要求する権利を留保します。

トレーサビリティ情報には、個々の原材料の熱数または同等の数値が含まれている必要があります。

ロットには、複数の材料熱/バッチ番号を含めることはできません。

航空宇宙、高速鉄道、および風力エネルギー製品の場合、ロットまたは熱処理バッチに複数の材料熱数を含めることはできません。

他の製品の場合、次の条件が存在する場合、ロットまたは熱処理バッチには2つ以下の材料熱数を含めることができます。

  • 最大ロットまたは熱処理バッチサイズを維持するため。 1つのロットまたは熱処理バッチには、ある材料のヒート番号の実行が終了し、別の材料のヒート番号が開始する場合があります。

2つの材料熱番号を持つロットまたは熱処理バッチは、複数の材料熱番号を持つものとして識別される必要があります。

1.15ティムケン材料認証データベース(MCD)
ティムケン社は、入荷する材料管理を改善するための材料認証システムを開発しました。 必要に応じて、レースウェイ、転動体、および熱処理リテーナ(ケージ)のサプライヤは、サプライヤが所有/購入した材料を当社製品の製造のためにティムケン工場に配送する前に、次の特定のアクションを実行する必要があります。 すべての例外は、TimkenGMQまたはSQD組織によって書面で承認される必要があります。

  1. すべてのレースウェイ、転動体、および熱処理されたリテーナ(ケージ)は、ティムケンが承認した材料から購入する必要があります。
  2. 各サプライヤーは、貨物がティムケン工場に到着する少なくとも48時間前に、次のいずれかの方法で一次溶融証明書をティムケンに送信する必要があります。
    1. スキャンした証明書をter-mfgtech@timken.comに電子メールで送信します。
    2. 材料証明書を次の宛先にファックスしてください:001-330-458-6888
  3. 各送信に伴い、サプライヤーはMCD提出フォームに記入する必要があります
    1. MCD提出フォームは、 http: //tsn.timken.comにあるTimken SupplierNetworkWebサイトで入手できます。
    2. データを正確に転記するには、ファックスまたは電子メールで送信されるコピーが判読できることを確認してください。
      注:当社の電子メールシステムは、.jpgまたは.tiffファイルタイプの形式の添付ファイルのみを受け入れます。
  4. 証明書を受け取ると、ドキュメントが評価されます。
    1. 材料認証データが適切な仕様に準拠していない場合、または非ティムケン承認の溶融ソースからのものである場合、提出された材料のバッチが不適合であることが受領プラントの品質担当者に通知され、製造されたすべての製品を保持するために連絡がありますこの資料から追って通知があるまで。 注:承認ステータスについては、MDCシステムを介して通知されません。
    2. 不適合の問題が提示されない限り、新しい要件によって配信スケジュールが変更されることはありません。
    3. 確認を待って出荷を遅らせないでください。 解決が必要な問題がある場合にのみ、サプライヤーに通知されます。 材料認証データベース(MCD)–ティムケンの施設に供給されるすべての鋼が承認された化学的性質を持っていることを追跡および検証するために使用されます。 サプライヤーは、世界中のすべてのティムケン施設との間で販売/受領された材料の各ロットからの適切なサポートデータを材料認証データベースに入力する必要があります。

1.16管理項目(▽)部品および特殊製品またはプロセスの特性
管理項目部品は、通常、部品の前にある逆デルタ( )および/または未加工によって図面上で識別される特性を持つ製品です。
材料コード番号。 管理項目の部品は、安全な操作および/または政府規制への準拠に影響を与える可能性があります。

特別な特性とは、合理的に予想される変動が、適合、機能、または製品を処理または構築する能力に影響を与える可能性が高い製品またはプロセスの要件です。

特別な特性は、ティムケンの印刷物または仕様で指定されます。 特性の近くに配置された「KPC」またはひし形(◊)は、通常、特別な特性を示します。 別の指定を使用することもできます。 ティムケン特有の特徴は、特徴の近くに適切に配置されて起訴されます。

特別/特定の特性の要件は次のとおりです。

  • すべての特殊特性は、特殊な制御方法を持つプロセスで作成する必要があります。
  • SPCは、最も一般的で好ましい特別な制御方法です。
  • 有効であると見なされるためには、安定した有能なプロセスが存在するまで、Cpk値を計算することはできません。
  • Cpkは通常、20日間の生産からのデータに基づいて計算されます。最小は100個の個別のサンプルまたはデータポイントです。
  • Cpk値は、管理図に記載する必要があります。
  • 制御不能信号に対する反応計画をチャートに示す必要があります。 部品とプロセスの両方を説明する必要があります。
    • 制御不能信号については、AIAGSPCのマニュアルを参照してください。
  • 場合によっては、原材料や硬度などの特性に特殊特性の指定が適用されるため、通常のSPCを適用することはできません。 このような場合、品質管理計画でこれらの特性に使用される特別な管理を特定する必要があります。

あなたの管理計画は、PPAPの前にティムケンからの同意を必要とします。 この議論は、最初の品質計画、APQP、または実現可能性の会議から開始する必要があります。

1.17記録
サプライヤーは、サプライヤー、ティムケン社、または規制機関の要件に従って、適切な記録をファイルに保持するものとします。

管理図、検査および試験結果を含む品質性能記録は、それらが作成された年から1暦年の間保持されるものとします。

ALW(Aircraft Landing Wheels)サプライヤーは、最低11年間、他のすべての航空宇宙サプライヤーについては無期限に記録を保持する必要があります。 記録を破棄する前に、サプライヤーは記録を破棄する許可を書面でティムケンに通知するものとします。 記録を処分する決定が伝達された場合、記録は適切な手段によって使用できなくなるような方法で破棄されるものとします。

1.18サプライヤーの評価とパフォーマンス
ティムケンは、製品を製造するために必要な供給基盤の特定のプロセスと運用には、適切に管理する必要のあるレベルのリスクがあることを認識しています。 ティムケンには、当社の供給基盤でリスクのレベルを評価するプロセスがあります。 事業の過程で、許容できないレベルのリスクがあると判断した場合、リスクのレベルを管理可能なレベルにするために実施する必要のある具体的な対策について、サプライヤーに直接連絡します。

ティムケン社のサプライヤー評価プロセスは、サプライヤーのパフォーマンスを経時的に測定するように設計されています。

評価は通常、次の5つのパフォーマンス領域に焦点を当てています。

  • 品質
  • 配達
  • 料金
  • 顧客サービス
  • 継続的改善/リーン

特定のサプライヤーまたはサプライヤーの場所は、TimkenCompanyによって決定された納品および品質パフォーマンスのみを使用して評価される場合があります。

評価は、通常、ティムケン社のユーザープラント、購入、注文処理、およびサプライヤー品質開発担当者で構成される部門横断的なチームによって定期的に完了します。

4つのパフォーマンス測定の説明は次のとおりです。

  • 品質–製品の品質には、購入、輸送、エンジニアリング、およびパッケージングの仕様への厳格な順守が必要です。これには、清潔さ、一貫性、信頼性が含まれます。
    顧客満足を保証するサービス。
    対策の例:
  • DMRの数
  • PPM(Parts Per Million)
  • 外部からの苦情の数
  • 品質の全体的なコスト
  • 保証請求とフィールドリターン
  • 配達納期厳守(OTD)とは、適切な材料を適切な場所に適切な量で、相互に合意した配達日時で提供することです。 納期は、承認または再約束された日付と見なされます。
    対策の例:
  • OTDレート
  • 総収入からの総収入の偏差/平均パーセント偏差
  • 迅速な発送
  • 平均パーセント偏差

追加要件:サプライヤーは、発生前に、適切な現地のプラント連絡先、サプライヤー品質連絡先、または発注書に記載されている連絡先個人に、実際のまたは潜在的な遅延配達条件を通知するものとします。

  • コスト–例:
    • 価格のレベル
    • 契約上の合意
    • 配送料
    • 支払い条件
  • カスタマーサービスとイノベーション–例:
    • 請求の問題
    • 要求に対応するサプライヤーの能力
    • 正しいラインとリリース、受け取った数量を提供するサプライヤーの能力
    • 継続的改善活動
    • コスト削減のアイデア
    • 新製品の開発
    • サプライヤーは、プラント、購買、およびSQDと協力して、問題解決とコスト削減のイニシアチブを推進します。

1.19サプライヤーエスカレーションプロセス
サプライヤのエスカレーションプロセスは、サプライヤが品質、納期、またはコストの分野で継続的に実行に失敗した結果として生じる、サプライヤとの活動レベルの増加です。 エスカレーションは、品質システムにストレスがかかったり、サプライヤーで劣化したりする可能性があることを示す顕著な傾向がある場合にも開始される可能性があります。

サプライヤー品質エスカレーションは、Timken SQDの担当者がアクションを定義し、サプライヤー全体のパフォーマンスを解決および改善するために使用する方法論です。

サプライヤーエスカレーションの定義、結果、および入学基準については、以下のリンクを参照してください:サプライヤーエスカレーションプロセス

エスカレーションの段階は、進行中の体系的な品質問題のサプライヤーのレジストラへの通知、またはビジネスの中止がティムケン社とサプライヤーの最善の利益になる可能性があるという認識までさまざまです。

1.20サプライヤー管理輸送(CSI / CSII)
管理された輸送の目的は、不適合な部品や材料の受け取りからティムケンを保護する厳格なプロセスを実装することです。
レベル1管理輸送(CSI) -管理輸送は、根本原因分析と是正措置を実施しながら、不適合材料を分類するための追加の検査プロセスを実施することをサプライヤーに求めるティムケンによる正式な要求です。 管理された出荷プロセスは、通常の管理に追加されます。 管理された輸送検査プロセスから得られたデータは、封じ込めプロセスの有効性の尺度と、最初の不適合を排除するために取られた是正措置の両方として重要です。

レベル2管理輸送(CSII) -レベルI管理輸送と同じプロセスに、サードパーティが完了する追加の検査プロセスが含まれます。 ティムケンとサプライヤーは、第三者の会社と場所について相互に合意します。 サードパーティ企業は、ISO 9001:20xxの最低認証を取得している必要があります。

問題の重大度に基づいて、TimkenはレベルIまたはレベルIIのどちらが適切かを判断します。

1.21サプライヤーの安全な立ち上げ
安全な立ち上げ計画(SLP)は、組織化された方法で製品とプロセスの安定性を検証するために実装されます。 SLPは学習期間となることを目的としています。 収集されたデータは監視、分析され、製品とプロセスの調整は必要に応じて行われ、新しい生産が開始されたときに行われる必要があります。

セーフローンチは、生産部品承認プロセス(PPAP)を必要とするすべての試作および生産要件に適切に使用され、重大なリスクを示す部品についてティムケン工場またはティムケンの顧客から要求された場合はいつでも使用できます。 セーフローンチは、お客様の工場で受け取った矛盾した資料には使用しないでください。

以下の状況では、必要に応じてSLPをお勧めします。

  • プロセス-新規、変更、移動、または再ソースされたプロセス。
  • 製品-新規、譲渡、または変更された製品。
  • サプライヤー-変更された製品または新しい製品に関する新しいサプライヤーまたは既存のサプライヤー。
  • 相関アクティビティ-テスト、検査、またはゲージ機器の相関。

2.0サプライヤーの開発と推奨されるベストプラクティス

2.1高度な製品品質計画と予防
要求された場合、サプライヤーは、購入契約の受領前または受領時に、ティムケン社に製品品質計画を提供するものとします。
製品/プロセスの設計と開発、製品とプロセスの妥当性確認と検証、フィードバック、評価、および是正措置の各段階について、製品品質計画プロセスには以下が含まれますが、これらに限定されません。

  • 先行製品品質計画
  • 特徴
  • 実現可能性レビュー
  • 製品の安全性
  • プロセス障害モードと影響分析
  • 間違い/エラー防止
  • プロトタイプ、発売前、生産の3つの異なるフェーズをカバーする管理計画

タイプI材料の設計を担当するサプライヤは、堅牢な設計の整合性のためにDFMEAアプローチを使用することが期待されています。 ティムケンが生成した設計を使用するサプライヤーは、設計FMEA活動に責任を負いませんが、ティムケンとのDFMEA計画活動に参加することができます。

品質計画プロセス中、または既存の注文の継続的な実行中に、サプライヤーは、従業員が製品またはサービスの適合性への貢献、製品の安全性およびFOD防止への貢献を認識していることを確認する必要があります。

ティムケンの要件とその技術仕様への参照は、品質計画のコンポーネントとして製品の製造またはプロセスの計画に含まれる(文書化される)ものとします。

サプライヤーは、偽造または偽造の疑いのある部品の使用、およびティムケンに提供される製品またはサービスへの潜在的な包含を防止するために、提供されるサプライヤーおよび製品に適したプロセスを計画、実装、および管理するものとします。

サプライヤーは、以前の経験、プロセス知識、またはその他の情報源から学んだ教訓を品質計画文書に組み込むものとします。

学んだ教訓は、品質計画の文書化プロセス全体を通じてそのように識別され、要求に応じてティムケンの担当者が利用できるようにする必要があります。

2.2目標設定と問題解決
ティムケンとそのサプライヤーは、製造における卓越性の達成に努めており、ベストプラクティスの例について特定のティムケンユニットや他の企業をレビューする場合があります。

ベストプラクティスは、より良い結果を生み出すビジネス原則であり、多くの場合、ベンチマークを通じて特定されます。 サプライヤーは次のことを強くお勧めします
これらの概念に精通し、継続的改善の効果的な実践者になります。
サプライヤーは、修正と改善が必要な領域を決定できるものとします。

  • 質の高い結果
    • サプライヤーの品質パフォーマンス指標-例:PPM、不一致材料レポートの数など。
  • 配達
    • 時間通りの配達、配達の逸脱など。
  • 料金
    • 値下げ、品質コストなど。
  • サービスとイノベーション
    • 継続的な改善イニシアチブ、キャパシティプランニング、請求の問題、変更通知への対応など。

サプライヤーは、すべての目標をティムケンの要件と優先順位に関連付けることができる必要があります。

調査する問題またはプロセスの範囲を決定することは非常に重要です。 サプライヤは、現在のプロセスと要件の間のギャップを特定し、ギャップの重大度を判断し、構造化された改善方法論を使用して、ギャップを最小化および排除するための取り組みに優先順位を付ける必要があります。

ティムケン社は、問題解決のための8Dプロセスを認識しています。 特に、Timken Quality Information System(QIM)を使用した不適合(不一致)製品の解決において。

これは、統制のとれた8ステップの問題解決プロセスとレポート形式です。 この手法は、継続的な改善イニシアチブにも適用できます。

1.チームアプローチを使用する
プロセス/製品の知識を持つ主要な人々のグループを確立し、問題を解決して是正措置を実施するために必要な技術分野に時間、権限、およびスキルを割り当てます。 グループには指定されたチャンピオンが必要です。

2.問題を説明する
問題の誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように、いくつ(5W、2H)するかを定量化可能な用語で特定することにより、内部/外部の顧客の問題を指定します。

3.暫定(封じ込め)アクションを実装および検証します
是正措置が実施されるまで、問題の影響を内部/外部の顧客から分離するための封じ込め措置を定義および実施します。 封じ込めアクションの有効性を確認します。

4.根本原因を定義して検証する
問題が発生した理由を説明できる可能性のあるすべての潜在的な原因を特定します。 問題の説明とテストデータに対して各潜在的な原因をテストすることにより、根本的な原因を特定して検証します。 根本原因を排除するための代替の是正措置を特定します。

5.是正措置を確認します
選択した是正措置がお客様の問題を解決し、望ましくない副作用を引き起こさないことを定量的に確認します。 必要に応じて、リスク評価に基づいて緊急時対応を定義します。

6.恒久的な是正措置を実施する
最善の恒久的な是正措置を定義して実施します。 進行中のコントロールを選択して、根本的な原因が排除されるようにします。 長期的な影響を監視し、必要に応じて緊急時対応を実施します。

7.再発を防ぐ
管理システム、オペレーティングシステム、プラクティス、および手順を変更して、この問題および同様のすべての問題の再発を防止します。

8.チームを祝福します/全体を読みます
チームの集合的な努力を認識します。
サプライヤーは、他の分野での潜在的な不適合の原因を排除するために、同様のプロセス、サービス、または製品に是正措置および実施された管理を適用(読み取り)するものとします。

2.3コスト削減方針
コスト削減は、ティムケンのサプライヤーに影響を与えるティムケン戦略の不可欠な要素です。 市場での競争力を達成および改善するために、ティムケンとサプライヤーは、販売される製品のコストを削減するために、焦点を絞った体系的な方法とツールを実装する必要があります。

コスト削減の目標は、次の方法で達成できます。

  • サプライヤーとの長期契約の推進と市場分析のベンチマークによるティムケンによるコスト削減。
  • ティムケンの承認後、内部品質改善プログラム、バリューエンジニアリング、およびバリュー分析方法論のサプライヤーによる実装。
  • サプライヤーと顧客の両方の価格、配送手段、および業績指標のレビューに基づく、ティムケンのサプライヤー共同コスト削減の開発。

コスト削減を達成するために使用できるTimkenによる推奨テクニック:

  • 8D問題解決
  • カイゼン哲学
  • 価値分析/価値工学
  • 5-Sの原則
  • 5-なぜなぜ分析
  • 品質の7つのツール
  • ブレーンストーミング
  • ベンチマーク
  • クロスファンクショナルチームのギャップ分析
  • 間違い–校正
  • VA / NVA付加価値/非付加価値(リーン)

2.4コスト回収プロセス
ティムケン社は、適切な場合、定義された期待を満たさないサプライヤーに関連するコストを回収することができます。 Quality Issue Management(QIM)で8D DMRを発行すると、回復プロセスを開始できます。

ティムケン社は、ティムケンサプライヤーチャージバックプロセスを使用するか、サプライヤーとの直接交渉により、追加費用を回収する場合があります。

2.5間違い–校正
ティムケン社の期待は欠陥ゼロです。

このレベルの品質を達成するには、統計的プロセス制御技術と組み合わせた有能なプロセスとミスプルーフ方法論の利用が必要です。

不適合の潜在的な原因が特定された場合、サプライヤーは、これらの不適合を防止または検出するためのソリューションをプロセスで採用するものとします。 これらのソリューションは、オペレーターのアクションから独立している必要があります。

ソリューションは、要素の誤った設定(適切な位置や反転など)、要素、機械、または標準の欠陥を防止または検出して、それ以上の使用を不可能にするために、プロセスに統合して設計およびインストールする必要があります。

2.6統計手法
サプライヤーは、 AIAG統計的プロセス管理マニュアルの最新版に従って、適切な統計的手法を使用してプロセスのパフォーマンスを監視する必要があります。 必要性の判断は、プロセス能力と製品特性を制御および検証する能力に基づいています。 設計故障モードおよび影響分析(DFMEA)および/またはプロセス故障モードおよび影響分析(PFMEA)などの品質計画ツールの使用は不可欠です。 サプライヤーは、ティムケンの担当者から要求された場合、主要な特性の能力データを提出するものとします。

サプライヤーは、以下を含む統計手法を使用することをお勧めします。

  • ゲージR&R研究
  • 予知保全
  • 欠陥分析
  • サンプリングと(C = 0)
  • プロセス分析と管理図の方法
  • 回帰分析-分散分析
  • その他のグラフィカルな方法

2.7継続的改善プロセス
サプライヤーは、実証済みの方法論とプロセスを厳密に適用することにより、ビジネスの成功に不可欠な分野で競争力のある優れたパフォーマンスを達成するための持続的アプローチを提供する継続的改善哲学を推進および実装する必要があります。

ティムケンは、ティムケン品質管理システム(TQMS)が継続的な改善の基盤を提供する要素を提供することを認識しています。

TQMSサプライヤーファンダメンタルズは、サプライヤーが完璧な立ち上げ、欠陥ゼロ、より高いレベルの顧客満足度を達成し、継続的なプロセス改善を可能にするのに役立つ体系的なアプローチを提供します。

TQMSサプライヤーファンダメンタルズは、エラーを減らし、生産性を向上させ、閉ループフィードバックを確実にするツールを適用することにより、サプライヤー品質管理システムを補完します。

サプライヤーのTQMS要素は次のとおりです。

  • 品質システム認証
  • RPN削減方法論
  • 標準作業
  • 標準トレーニング
  • 階層化されたプロセス監査
  • 不適合材料の管理
  • エラープルーフ検証
  • 早い反応

これらの方法とプロセスは、サプライヤー組織全体で使用され、顧客と従業員の利益のためにサプライヤー製品の品質、配送、サービス、およびコストを継続的に改善するものとします。

サプライヤーは、次の方法で継続的な改善に重要な機能を実行する必要があります。

  • 自身の行動の継続的改善と資源の分配。
  • 目的とタスクについて従業員にアドバイスする
  • オープンなコミュニケーションを促進する環境を提供します。
  • トレーニングシステムを使用して、すべての従業員とすべての従業員を対象とするプロセス改善の取り組みをサポートします。

継続的改善プロセスの実装を支援する追加の推奨ツールは次のとおりです。

  • ベンチマーク
  • ブレーンストーミング
  • パレート分析
  • 5-なぜなぜ分析
  • 親和性図
  • 関与ワークシート
  • 費用便益分析
  • 原因と結果の図
  • プロセス能力/パフォーマンス
  • プロセスマッピング

2.8環境、健康および安全
サプライヤーは、環境を保護し、コミュニティ内の健康、安全、生活の質を確保するために、適用されるすべての政府の法律および規制を完全に遵守することが期待されています。

特に、サプライヤーは労働者の健康と安全に適用される法律と規制を遵守する必要があります。

いかなる物質においても、異常または有害な放射性レベルは許可されないものとします。 ティムケンへの出荷時にそのような材料を禁止するEU、ISO、または地域の規格に記載されている有害な元素や添加物も許可されません。

製品の製造に使用されるすべての材料は、制限された有毒で危険な材料に関する現在の政府および安全上の制約を満たさなければなりません。

サプライヤーは、以下のリストに詳述されている化学物質を供給してはなりません。

規制物質リスト(リストはここをクリック)
サプライヤーは、PPAPの提出に関する適切な制限付きまたは報告可能な物質の通知に準拠する必要があります。

サプライヤーは、ISO 14001:20xxなどの環境管理システムを定義、実装、および維持することが推奨されます。

サプライヤーの環境管理プログラムの目標は次のとおりです。

  • 施設の設計、運用、保守における排出物、排水、廃棄物を最小限に抑えることにより、汚染源での汚染を防止するために、環境保護に関連するすべての適用法、規制、および会社の方針を順守することへの取り組み
  • 発生源の削減、回収、再利用、リサイクルを含む予防への取り組み。 可能であれば、サプライヤーの業務と製品に関連する環境への悪影響を排除します。
  • アソシエイトの環境要件に対する一般的な認識を高め、日々の責任が環境に与える影響を理解しやすくするための継続的な改善への取り組み。 サプライヤーの環境方針、目的、および目標を達成するために必要な機能とサポートメカニズムを開発する。

3.0サプライヤーの品質保証航空宇宙条項

3.1プロセス制御と欠陥防止

サプライヤーは、SAEAS13004およびSAEAS13006などのSAEAS13100条項に沿って、欠陥防止およびプロセス制御方法を文書化しておく必要がありますが、これらに限定されません。

3.2サンプルプランの要件
抜取検査は、ANSI /ASQCZ1.4の最新改訂版「抜取手順と属性による検査の表」に準拠している必要があります。

合格基準はサプライヤーが定義し、必要に応じてティムケンが承認するものとします。
すべてのデータサンプリングについて、許容レベルはゼロ欠陥C=0でなければなりません。

3.3アクセプタンスオーソリティメディア(AAM)
サプライヤは、Acceptance Authority Media(AAM)要件の適用に関するAS9100要件に準拠する必要があります。 サプライヤーは、組織とそのサプライチェーン内で、AAMの使用が品質マネジメントシステム内で明確に定義されていることを確認する必要があります。 サプライヤーは、内部監査活動の一環としてプロセスとサプライチェーンを評価することにより、AAM要件への準拠を維持する必要があります。これには、アプリケーションエラー、不適切な使用、不実表示、トレーニングの欠陥が含まれますが、これらに限定されません。 さらに、このコミュニケーションは、彼らの日常活動における倫理的行動の重要性を強化するものとします。 AAMの使用は、コンプライアンスと適合性の個人保証と見なす必要があります。 サプライヤーは、ティムケンの要請に応じて、従業員とサプライチェーンへのコミュニケーションの証拠を示すことができなければなりません。

3.4検査およびテストレポート
売り手は、ファイルに保持し、要求に応じて、少なくとも次の情報を含む、納品された最終品目またはアセンブリのレポートを提出するものとします:部品番号、改訂レター、部品名、注文番号、ロット番号、ロット数量、検査サンプルサイズ、検査および/またはテストされた特性/パラメータ、検査テストデータ、特性によって合格/拒否された数量、検査/テストの日付、および販売者の検査/テスト担当者の署名/スタンプ。

3.5適合証明書(C of C)
売り手は、発注書(または特定の品目が発注書の本文で指定されている場合は指定された各品目)に基づいて行われる出荷ごとに、適合証明書を作成してティムケンに提出するものとします。証明書は、売り手の責任ある品質担当者によって署名されるものとします。成果物が規定の要件に準拠していることの証拠:つまり、材料認証、プロセス要件、サプライヤー資格ステータス、ハードウェア資格など。

各操作で使用および認定されたサブティア仕様は、Timken標準EGS-D0005で定義され、EGS-D0005-Aにリストされている現在のリビジョンである必要があります。

証明書の完成は、行われた表明、保証、またはコミットメントを変更または制限したり、発注書の規定に厳密に従って実行する売り手の義務に影響を与えたりするものではありません。

最低限、次の情報を提供する必要があります。販売者の名前、出荷数量、ロット番号/日付コード/シリアル番号(該当する場合)、Timkenの部品番号と図面の改訂、部品の製造国、Timkenの発注書番号と改訂。発注書、図面、または仕様によって要求された他のすべての該当する要件が満たされているという声明。

3.6最初の記事の検査
設計変更の組み込みに続いて、最初の初期生産と最初の物品が生産された後、売り手はその物品の包括的な検査とテストを実行および文書化して、物品がすべての図面および仕様要件に準拠していることを確認するものとします。 マルチキャビティ金型/金型を使用する場合は、キャビティごとに最初の物品検査が必要です。

次の場合は、新しい最初の記事の検査が必要になります。

  • 元の最初の記事に影響を与える重要な設計またはプロセスの変更が行われ、変更によって影響を受ける特性にのみ適用されます
  • アイテムは1年間生産されていません
  • 製造場所の変更。

販売者のレポートには、少なくとも、発注書番号、部品番号、改訂レベル、部品名、販売者名、図面要件(公差を含む)、各測定の結果および実際の結果を取得するために使用される方法が記載されているものとします。 検査に使用される部品は、ティムケンに出荷されるときに「最初の物品の検査サンプル」として識別されるものとします。 最初の記事のデータは、形式に関係なく、最初に配達される貨物に付随するものとします。

3.7トレーサビリティ
売り手は、ロット、バッチ、熱、溶融、および部品ごとに、供給元(下位層のサプライヤーを含む)への供給を追跡できるシステムを確立および維持するものとします。 トレーサビリティの記録は、品質管理と受容性のこの客観的な証拠の一部としてサプライヤーによって維持され、そのような記録はティムケンの代表者が利用できるようにするものとします。 詳細については、セクション1.13を参照してください。

3.8文書の管理/保持
サプライヤーは、米国人のみがECI/OUOの情報およびアイテムへのアクセスを許可されるようにするための管理を説明する手順書を用意する必要があります。 書面による手順では、少なくとも次の領域に対処する必要があります。
• アクセス制御
• 保管所
• 伝染 ; 感染
• 破壊

ALWサプライヤーは、最後の配達日から最低11年間、すべての記録をファイルに保管する必要があります。 他のすべての航空宇宙サプライヤーは、記録を無期限に保持する必要があります。 記録を破棄する前に、サプライヤーは記録を破棄する許可を書面でティムケンに通知するものとします。 記録を処分する決定が伝達された場合、記録は適切な手段によって使用できなくなるような方法で破棄されるものとします。 変更されたメモの他のすべての要件は引き続き適用されます。 図面または仕様に必要な文書への準拠が必要です。

ドキュメントの管理と破棄は、Timkenの製品の製造元、Timken製品のサービスプロバイダー、およびTimken製品をテストしてレポートをサポートする研究所に適用されます。

3.9変更の承認
ティムケンが適格な情報源として承認した場合、最初の記事または最初のロットの受け入れを通じて、売り手は、アイテムの受け入れ可能性(寸法、視覚、機能、耐久性など)に影響を与える可能性のあるデザイン、材料、またはプロセスを変更してはなりません。ティムケンの事前の通知および承認なしにティムケンに配達されます。 この条項の目的上、プロセスとは、成果物の製造または製造中に使用される手順、システム、または慣行(つまり、機械加工、バリ取り、熱処理、はんだ付け、洗浄、仕上げなど)として定義されます。

顧客への通知と承認が必要なプロセス変更の例は次のとおりです。

  • 検査および/または試験方法の変更。
  • 販売者または下位サプライヤーによって製造されたコンポーネントを含む、最終品目の製造に使用されるコンポーネントの製品または処理の変更。
  • サブティアサプライヤーの変更。
  • 新規または変更された工具、金型、交換を含む金型(傷みやすい工具を除く)からの製造。
  • 製造場所の変更。
  • 特別なプロセス変更。

詳細については、セクション1.5を参照してください。

3.10MRB機関
発注書に別段の定めがない限り、販売者および/またはその下位サプライヤーは、「現状のまま」、「修理」、「標準修理手順(SRPS)」または「非標準修理手順(SRPS)」を処理する権限を持っていません。内部材料レビューボード(MRB)を介したSRPS」。
MRB処分を必要とするこれらの処分、および逸脱と免除の要求は、承認のためにティムケンに提出されるものとします(これには手直しやスクラップは含まれません)。 売り手は、免除フォームを取得するために購入するティムケンに連絡するものとします。

3.11政府の財産
発注書の履行を促進するために、ティムケンは政府の資産をサプライヤーに引き渡す場合があります。 「政府資産」とは、米国政府が所有またはリースしている、または米国政府が取得してサプライヤーが所有している資産です。

サプライヤーは、ティムケンの発注書に関連してサプライヤーに引き渡される政府の資産に関して、FAR52.245-1の要件を遵守するものとします。 前述の内容を制限することなく、サプライヤーは、ティムケン契約管理者の事前の書面による承認なしに、政府の資産を削除、再加工、修理、または廃棄してはなりません。

3.12アクセス権
ティムケンおよび/またはその顧客は、発注書に基づく製品の製造に使用されるすべての製造プロセスおよび文書を含むがこれらに限定されない、サプライヤーおよび/またはサプライヤーの下位サプライヤーの施設の監査を実施して、発注書の要件への準拠を判断することができます。 。 詳細については、セクション1.2を参照してください。

3.13 DFARS 252.225-7009特殊金属を含む特定の物品の取得に関する制限(252.225-7014に取って代わります)
米国政府および米国政府の請負業者との契約に従い、ティムケンはDFARS 252.225-7009の対象となり、特殊金属を含む物品の取得に一定の制限が課せられます。 この規制では、特殊金属を米国、その周辺地域、または適格国で溶融または製造する必要があります。 以下のパラグラフ(a)で定義されているように、サプライヤーが提供する物品に特殊金属が含まれている限り、物品はDFARS252.225-7009の要件に準拠している必要があります。 さらに、サプライヤーは、ティムケンの発注書をサポートする記事を提供するベンダーとの契約にこの条項を挿入する必要があります。

特殊金属を含む特定の物品の取得に関する制限(2011年1月)

(a)定義。 この条項で使用されているように—

(1)「合金」とは、基本的な金属元素と1つまたは複数の金属または非金属の合金元素の混合物からなる金属を意味します。
(i)単一の金属元素によって命名された合金(例えば、チタン合金)の場合、合金が指定された金属の50パーセント以上(質量で)を含むことを意味します。

(ii)名前に2つの金属(ニッケル-鉄合金など)が指定されている場合、それらの金属は合金の2つの主要な元素であり、合わせて合金の50%以上(質量)を構成します。

(2)「アセンブリ」とは、システムまたはサブシステムの一部を形成するアイテムを意味します。

(i)エンティティとしてプロビジョニングおよび置換できます。と

(ii)複数の交換可能な部品が組み込まれています。

(3)「商業派生軍事物品」とは、国防省が取得した、物品の生産に使用されるのと同じ生産施設、共通のサプライチェーン、および同じまたは類似の生産プロセスを使用して生産される、または今後生産される品目を意味します。主に一般市民または政府以外の目的で非政府機関によって使用されます。

(4)「市販品」—

(i)次のような供給品目を意味します。

(A)商品(連邦調達規則のセクション2.101の「商品」の定義のパラグラフ(1)で定義されている)。

(B)商業市場で大量に販売されている。と

(C)商業市場で販売されているのと同じ形式で、この契約または任意の階層の下請け契約に基づいて、変更なしで政府に提供される。と

(ii)1984年の海運法(46 USC App 1702)のセクション3で定義されている、農産物や石油製品などのばら積み貨物は含まれません。
(5)「コンポーネント」とは、最終品目または別のコンポーネントの一部として政府に提供される品目を意味します。

(6)「電子部品」とは、抵抗、インダクタ、コンデンサ、ダイオード、スイッチ、トランジスタ、集積回路などの電気機器の相互接続を使用して、回路内の電子またはその他の帯電粒子の流れを制御することによって動作するアイテムを意味します。 この用語は、電子部品を含むアセンブリの構造的または機械的部品を含まず、電子部品で使用される可能性のある高性能磁石も含まない。

(7)「最終品目」とは、本契約の品目に基づいて組み立てまたは完成し、納品の準備ができた最終製品を意味します。

(8)「高性能磁石」とは、その磁気特性の大部分を希土類金属(サマリウムなど)から得る永久磁石を意味します。

(9)「生産する」とは、特殊金属に力またはプロセスを加えて、鋼板の焼入れまたは焼き戻し、チタンのガス噴霧またはスパッタリング、または非溶融由来のチタン粉末またはチタンの最終的な固結によって、望ましい物理的特性を作り出すことを意味します。合金粉末。

(10)「適格国」とは、国防連邦調達規則の225.003の「適格国」の定義に記載されている国を意味します。
サプリメント(DFARS)。

(11)「必要な形態」とは、棒、ビレット、ワイヤー、スラブ、プレート、シートなどのミル製品の形態で、以下の製造に適したグレードのものを意味します。

(i)本契約に基づいて政府に引き渡される完成品。また

(ii)この契約に基づいて政府に引き渡される最終品目に組み立てられた完成部品。

(12)「特殊金属」とは、次のことを意味します。

(i)鋼—

(A)最大合金含有量が次の制限の1つ以上を超える場合:マンガン、1.65パーセント。シリコン、0.60パーセント。または銅、0.60パーセント。また

(B)次の元素のいずれかを0.25%以上含む:アルミニウム、クロム、コバルト、モリブデン、ニッケル、ニオブ(コロンビウム)、チタン、タングステン、またはバナジウム。

(ii)以下からなる金属合金

(A)ニッケルおよび鉄以外の合金金属の合計が10%を超えるニッケルまたは鉄-ニッケル合金。また

(B)コバルトと鉄以外の合金金属の合計が10パーセントを超えるコバルト合金。

(iii)チタンおよびチタン合金;また

(iv)ジルコニウムおよびジルコニウム合金。

(13)「鋼」とは、0.02〜2%の炭素を含み、他の元素を含む可能性のある鉄合金を意味します。

(14)「サブシステム」とは、電力、姿勢制御、推進力など、最終品目内で主要な機能を実行するために組み合わされる品目の機能グループを意味します。

(b)制限。 段落に規定されている場合を除きます (c)この条項の中で、この契約に基づいて納品される品目に組み込まれる特殊金属は、米国、その周辺地域、または適格国で溶融または製造されるものとします。

(c)例外。 段落の制限 この条項の(b)は以下には適用されません。

(1)電子部品。

(2)(i)以下以外の市販の既製(COTS)アイテム-

(A)COTSの最終品目、サブシステム、アセンブリ、またはコンポーネントに組み込まれていない、バー、ビレット、スラブ、ワイヤー、プレート、シートなどの特殊金属ミル製品。

(B)鍛造品または鋳造品が、COTSの最終品目、サブシステム、またはアセンブリに組み込まれていない限り、特殊金属の鍛造品または鋳造品。

(C)特殊金属を含む市販の高性能磁石。ただし、そのような高性能磁石がCOTSの最終品目またはサブシステムに組み込まれている場合を除きます。と

(D)COTSファスナー、ただし—

(1)ファスナーは、COTSの最終品目、サブシステム、アセンブリ、またはコンポーネントに組み込まれています。また

(2)留め具は、本条項のパラグラフ(c)(3)の商品の例外の対象となります。

(ii)COTSアイテムは、サプライチェーンの次の上位層による契約上の承認の前に変更されていない場合、「変更なし」と見なされます。

(A)次の上位層によって変更なしで受け入れられたCOTSアイテムの特殊金属は、段落の制限から除外されます (b)この条項の一部であり、その後COTSアイテムの一部が取り外された場合でも(たとえば、端がCOTSネジから取り外されたり、COTSブラケットに余分な穴が開けられたりした場合)、除外されたままになります。
(B)受理時にCOTS品目に含まれていなかったが、受理後にCOTS品目に追加された特殊金属は、本条項のパラグラフ(b)の制限の対象となります(例:特殊金属製の特殊強化ハンドルCOTSアイテムに追加されます)。

(C)2つ以上のCOTSアイテムが、結果のアイテムがCOTSアイテムではないように組み合わされた場合、COTSアイテムの結合に関係する特殊金属のみが段落の制限の対象となります。 (b)この条項の(例えば、COTS航空機には、航空機に通常提供されているCOTSエンジンではないCOTSエンジンが装備されている)。

(D)さまざまなオプションを備えた商業市場で通常販売されているCOTSアイテムの場合、そのようなオプションを含むアイテムもCOTSアイテムです。 ただし、COTSアイテムが、商業市場では通常提供されないオプションとともに政府に提供される場合、そのオプションは、この条項のパラグラフ(b)の制限の対象となります(例:航空機は通常、一般に販売されます)インストールキットのオプション付き。 国防総省は、軍独自のキットを要求しています。 航空機はまだCOTSアイテムですが、軍用に固有のキットはCOTSアイテムではなく、別の例外が適用されない限り、この条項のパラグラフ(b)の制限に準拠する必要があります。

(3)商品であるファスナーは、ファスナーの製造業者が該当する暦年中に、販売用ファスナーの製造に使用するために、必要な形で国産で溶融または製造された特殊金属を購入することを証明した場合。国防総省および他の顧客にとって、それはすべての顧客のためにそのような留め具の生産を実行するために購入する特殊金属の総量の50パーセント以上です。

(4)対象国で製造された品目。

(5)DFARS 225.7003-3に従って政府が、米国、その周辺地域、または適格国で溶融または製造された特殊金属は、必要に応じて次の場所で取得できないと政府が判断した特殊金属。

(i)満足のいく品質。

(ii)十分な量。と

(iii)必要なフォーム。

(6)他の点では非準拠の特殊金属(すなわち、米国、周辺地域、または適格国で溶融または製造されていない特殊金属で、この段落の他の例外のいずれにも該当しないもの)を最小限に含む最終品目(c))、そのような非準拠金属の総重量が、請負業者によって誠実に見積もられた、最終品目のすべての特殊金属の総重量の2パーセントを超えない場合。 この例外は、特殊金属を含む高性能磁石には適用されません。

(d)商用派生軍事物品のコンプライアンス。

(1)本条項のパラグラフ(b)で要求されるコンプライアンスの代替として、請負業者は、国内で溶融または生産された特殊金属を必要な形で購入し、契約履行期間中に使用することができます。商業派生軍事記事および関連する商業記事、次の場合-

(i)契約担当官は、「商業派生軍事物品」の定義を満たすために政府によって決定された、この契約に基づいて配達される品目について請負業者に通知しました。と

(ii)「商業派生軍事物品」の定義を満たすと政府が決定した各品目について、請負業者は、「商業派生軍事物品-特殊金属コンプライアンス証明書」というタイトルの勧誘の規定に指定されているように、認定しました。 (DFARS 252.225-7010)、請負業者とその下請業者は、契約履行期間中に使用するために、必要な形式で国内で溶融または生産された特殊金属の量を購入する契約契約を締結します。各商業派生軍事物品および関連する商業物品の生産。これは、請負業者の次のいずれか大きい方の誠実な見積もり以上です。

(A)商用派生軍事物品の生産(各下請けの下で行われる作業を含む)を実行するために必要な特殊金属の量の120パーセントに相当する量。また

(B)請負業者およびその下請業者が、その期間中に商用派生軍用物品および関連する商用物品の製造に使用するために購入する特殊金属の量の50パーセントに相当する量。

(2)この代替案の目的のために、商用派生軍用品の生産を実行するために必要な特殊金属の量には、COTSアイテムを含むすべてのアイテムに含まれる特殊金属が含まれます。

(e)下請け。 請負業者は、請負業者が政府に提供する最終製品のコンプライアンスを確保するために必要な範囲で、特殊金属を含む品目の下請けにこの条項の内容を挿入するものとします。 この条項の内容を下請けに挿入する場合、請負業者は以下を行うものとします。

(1)最小限のコンテンツの例外の管理を容易にするために、必要に応じてこの条項のパラグラフ(c)(6)を変更します。

(2)本条項のパラグラフ(d)を除外する。と

(3)このパラグラフ(e)を含める。

(条項の終わり)

3.14DFARS252.225-7016ボールベアリングとローラーベアリングの取得に関する制限
ティムケンの発注書で要求された場合、ティムケンにボールベアリングとローラーベアリングを供給するサプライヤーは、以下に準拠する必要があります。

ボールベアリングとローラーベアリングの取得に関する制限(2010年12月)

(a)定義。この条項で使用されているように—

(1)「軸受部品」とは、軸受要素、リテーナ、内輪、または外輪を意味します。
(2)ベアリング部品以外の「部品」とは、最終製品または別の部品の一部として政府に供給される品目を意味します。

(3)「最終製品」とは、本契約の品目に基づいて配送される供給品を意味します。

(b)段落に規定されている場合を除く (c)この条項の—

(1)この契約に基づいて提供される各ボールおよびローラーベアリングは、米国、その周辺地域、またはカナダで製造されるものとします。と

(2)各ボールまたはローラーベアリングについて、米国、その周辺地域、またはカナダで製造されたベアリングコンポーネントのコストは、そのボールまたはローラーベアリングのベアリングコンポーネントの総コストの50パーセントを超えるものとします。

(c)段落の制限 この条項の(b)は、次のように取得されたボールベアリングまたはローラーベアリングには適用されません。

(1)非商用最終製品の商用コンポーネント。また

(2)非商用最終製品の商用コンポーネントの商用または非商用コンポーネント。

(d)この条項のパラグラフ(b)の制限は、国防連邦調達規則補足のサブセクション225.7009-4に従って、請負業者からの要求に応じて免除される場合があります。
(e)この契約にDFARS条項252.225-7009、特殊金属を含む特定の物品の取得の制限が含まれる場合、その条項で定義されているように、特殊金属を含むすべてのベアリングは、その条項の要件を満たさなければなりません。

(f)請負業者は、以下を除くすべての下請け契約に、この段落(f)を含むこの条項の内容を挿入するものとします。

(1)商品;また

(2)ボールベアリングまたはローラーベアリングを含まないアイテム。

(条項の終わり)

ティムケンがDFARS252.225-7016の要件に準拠していることをサポートするために、ベアリングコンポーネント(ベアリングエレメント、リテーナー、内輪または外輪)をティムケンに供給するサプライヤーは、ティムケンの要求に応じて、そのような製品の製造国の証明書を提供するものとします。

3.15特別なプロセスに必要なNADCAP
特別なプロセスは、熱処理、溶接、めっき、不動態化、コーティング、非破壊検査、および渦電流として定義されます。
必要に応じて、Timkenに対して特別なプロセスを実行する場合は、Nadcap認定サプライヤーを使用する必要があります。 ベンダーがNadcap認定を失った場合、またはNadcap / PRIが実施した監査の結果として結果が見つかった場合は、Timkenに通知する必要があります。

3.16異物損傷(FOD):
サプライヤーは、製造中の損傷や異物による取り扱いから製品を保護するためのプログラムを実施する必要があります。 サプライヤーアソシエイトは、FODの防止、検出、および削除に関して、トレーニングを受け、資格を持ち、有能である必要があります。

3.17政府定格命令(DPAS)
ティムケンは、国防用として米国政府および米国政府の請負業者から格付けされた注文を受けています。 次に、ティムケンは、これらの格付けされた注文を満たすために必要なアイテムのサプライヤーに優先格付けを流す必要があります。 同様に、ティムケンから定格注文を受け取るサプライヤーは、15 CFR 700の要件に準拠し、必要な納期を満たすために定格注文を優先する必要があります。

3.18国際武器取引規則(ITAR)への準拠
このセクション3.16の以下の引用の用語は、武器輸出管理法(22 USC 2778の「AECA」)および国際武器取引規則(22 CFR 120-130の「ITAR」)で定義されているとおりです。
サプライヤーがティムケンに、またはティムケンに代わって「防衛物品」または「防衛サービス」を提供している場合、以下が適用されます。

(a)サプライヤーは、米国国務省の国防貿易管理局(「DDTC」)に登録されるものとします。
(b)サプライヤーは、「外国人」(米国市民または永住外国人ではない)、防衛物品または防衛サービスに関連する技術データへのアクセスを許可しないものとします。
(c)サプライヤーは、最初にDDTCからライセンスを取得し、Timkenに事前に通知しない限り、「防衛物品」または「防衛サービス」を「輸出」してはなりません。
(d)サプライヤーは、それ以外の場合はITARおよびAECAに準拠するものとします。と
(e)サプライヤーは、サプライヤーが上記を履行しなかったことに起因する費用またはその他の責任から、ティムケンを補償し、無害に保つものとします。

3.19専有情報の非開示
ティムケンの機密保持契約は、ティムケンの知的財産と見なされる資料にアクセスできるすべてのサプライヤーによってレビューおよび署名されるものとします。 ティムケンの利用規約への準拠が適用されます。


用語集

3Dレポート: 8つの分野のうち3つを使用した詳細度の低い問題解決アプローチ。

8-Dプロセス: Timken Quality Information System(QIM)を使用した、特に不適合(不適合)製品の解決における問題解決方法。

AIAG:自動車産業アクショングループ

AIAG-APQP:自動車産業アクショングループ-先行製品品質計画、リファレンスマニュアル。

AIAG-PPAP:自動車産業アクショングループ-生産部品承認プロセス。

ALW:航空機の着陸車輪

APQP:高度な製品品質計画

管理品目部品:部品および/または原材料コード番号の前にある逆デルタ()によって図面上で通常識別される特性を持つ製品。 管理項目の部品は、自動車の安全な運転および/または政府規制への準拠に影響を与える可能性があります。

管理された出荷(CS1) -管理された出荷は、根本原因分析と是正措置を実施しながら、不適合材料を分類するための追加の検査プロセスを導入することをサプライヤーに求めるティムケンによる正式な要求です。

管理された輸送(CSII) -レベル1の管理された輸送と同じプロセスに、サードパーティによって完了する追加の検査プロセスが含まれます。

偽造部品:その起源、材料、製造元、性能、または特性が誤って伝えられている部品、コンポーネント、モジュール、またはアセンブリを意味するものとします。 この用語には、これに限定されないが含まれます。 (A)偽装するために(再)マークが付けられた、または製造者の身元を誤って表す部品、 (B)元の製造業者によって廃棄された欠陥部品および/または余剰材料、および (C)引っ張られた、または再生され、新品として提供された以前に使用された部品。 偽造部品は不適合材料として扱われるものとします。 売り手とその下位層は、必要に応じてAS5553またはAS6174の現在の改訂の要件に準拠するものとします。 売り手は、Timkenによる書面による承認がない限り、新しい本物の資料のみが組み込まれるようにするものとします。

DFARS:防衛連邦調達規制補足

DFMEA:設計故障モードと影響分析

不一致:図面仕様、発注書仕様、Timken Companyの製品とプロセスの仕様と標準、または業界の製品とプロセスの仕様と標準からの不適合。これには、数量、外観、材料、冶金、梱包/取り扱い/出荷の領域が含まれますが、これらに限定されません。 、および寸法。

DMR:不一致資料レポート。受け取ったタイプI資料に関して、ティムケン社の施設で文書化された不一致および/または拒否を下請け業者に通知し、下請け業者に是正措置を要求するために使用されます。

DVP&R:設計検証計画とレポート

ECI :輸出管理情報

FAI:最初の記事の検査

FAR:連邦調達規制

FMEA:故障モードと影響分析

異物(FO) :製品に侵入したり、製品に移動したりする可能性のある異物または物品(ツール、消耗品、ハードウェア、製品保護装置、身の回り品、製品プロセスの破片、操作の破片、環境の破片など)。システムがFOdになり、削除および制御されない場合、FODを引き起こす可能性があります。 (参照9146 3.3)

異物デブリ(FOd) :製品またはシステムに侵入および/または移行したFOであり、削除および制御されない場合、FODを引き起こす可能性があります。 (参照9146 3.5)

異物損傷(FOD) :FOdに起因する損傷で、物理的または経済的な用語で表すことができ、製品またはシステムに必要な安全性やパフォーマンス特性を低下させる可能性があります。 (参照9146 3.4)

GASL:グローバル承認サプライヤーリスト

IMDS: International Material Data System

ISIR:初期サンプル検査レポート;
MSA:測定システム分析

MSDS:製品安全データシート

不適合または不一致の製品:製品は、図面の仕様、発注書の要件、Timken Companyの製品とプロセスの仕様(または標準)、および業界の製品とプロセスの仕様と標準を満たしていません。 これには、数量、外観、材料、冶金、梱包、取り扱い、出荷、配送、清潔さ、および寸法の領域が含まれますが、これらに限定されません。

OTD:時間通りの配達

OUO:公式使用のみ

PCP:プロセス制御計画

PFMEA:プロセス障害モードと影響分析。

PPAP:生産部品承認プロセス

製品:サプライヤー(プロバイダー)と顧客の間のインターフェースで実行されるアクティビティを含まないプロセスの結果である有形または無形の出力です。

購入製品の提出および承認プロセス:購入製品のすべての設計および仕様要件がTimkenサプライヤーによって適切に理解されているかどうかを判断するために使用されるプロセスであり、サプライヤーの製造プロセスがTimkenおよびTimkenの顧客の技術および品質要件を満たすことができることを保証します。

QA:品質保証担当者

QIM:品質問題管理

全体を読む:他の領域での潜在的な不適合の原因を排除するために、他の同様のプロセス、サービス、または製品をレビューするプロセス、是正措置、および欠陥に対して実装された制御。

「S」-仕様:出荷および梱包要件を定義するTimkenCompanyの指定。

安全な立ち上げ:サプライヤーの製造プロセスが完全な生産量に成熟している間、ティムケンの施設を保護するための追加の検査活動。

SPC:統計的プロセス制御

SQD:ティムケンサプライヤー品質開発チームまたはその代表者。

SQA:サプライヤーの品質保証

特別な特性:合理的に予想される変動が、適合、機能、または製品を処理または構築する能力に影響を与える可能性が高い製品またはプロセスの要件。

SR:ステータスレポート

提出レベル: AIAG-PPAPガイドラインに従った部品承認提出。

TSN:ティムケンサプライヤーネットワーク

タイプI材料:ティムケン社が販売する製品の一部となる材料。 これには、ティムケン社が販売する製品の(全体または一部を)生産するために使用されるサービスが含まれます。

タイプIサプライヤー:ティムケン社が販売する製品またはサービスの一部または全部を構成する製品またはサービスを提供するサプライヤー。