[Page Title]

Hans Landin

Hans Landin グループ副社長

Hans Landinはグループ副社長を務めており、ティムケン社の役員です。現在の地位には2014年に任命され、2019年に会社の役員に選ばれました。

Hansは、工業用ベルト、チェーン、カップリング、クラッチとブレーキ、潤滑システムとリニアモーション製品を含むポートフォリオで、パワートランスミッション製品の市場における会社の成長を推進し、それを率いる責任を負っています。

Hansは以前、ビジネス推進の副社長を務めていました。その地位には2012年に任命され、彼は会社の戦略をサポートすることにより、収益増加を加速しながら維持するという責任を負い、組織を率いてきました。彼はまた、プロセス工業のオリジナル装置と風力発電の部長も務め、事業とその世界的な顧客ベースを拡大しました。

2007年には、鉄道部門の部長を務め、会社の世界的な鉄道事業の全体的な責任者でもありました。それ以前は、Hansはティムケンのいくつかの施設の運行管理者であり、特にアジアを中心とした、世界的な市場開発マネージャーも務めました。

Hansは1996年にティムケンに入社し、ヨーロッパの様々な販売担当者の地位を経験した後、米国に移り、2002年には工業用オリジナル装置販売の地区マネージャーを務めました。

Hansはスウェーデンのチャルマース大学で機械工学の修士号を取得。